Home > 2005年09月

2005年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

それでも日本なら、日本ならなんとかしてくれる・・・

みなさんこんばんわ

皆さんはゲームしてますか?ドードーはあまりしてません。なぜか。
でも10月入ったら忙しくなる予定です、GEの二次βとFEのβは10月に来ると読んでいるからです
これは楽しみな忙しさですね
あと、リアルも忙しくなる予定です。こっちは楽しみじゃないです

さて、今日は妄想放出第三弾をどどんと行おうと思います

妄想3:脱クリゲー

もうね、言うまでも無いんですけど
クリックでターゲットしてスキルスロットからスキル使用って形式のゲーム多すぎなんですよね

出ますよ?いいですか?

これをやめましょう!

もうこの形式のゲームは流行らないでしょう。だって沢山ありますし。
少なくとも、何か他の要素でぐぐっと引き付ける事ができないと、いまさらクリックゲーなんて誰もやらないと思います

これからのMMORPGの戦闘のテーマは

アクション性

これだと思います
やはりMMORPGの肝は戦闘のシステム
これがしっかりしてないとどうしようもないですし
戦っていて面白いようなMMORPGがあれば絶対人気でますよ

具体的に私が妄想するMMORPGは(具体的に妄想?

駆け引きが熱い戦闘

これをすごくやりたいです
今全世界で遊ばれているネットゲームは基本的に駆け引きが熱いゲームです
FPSにしてもRTSにしても、駆け引きが熱いゲームは楽しいですし人気でますよね
MMOにももっと駆け引きの要素を加えるべきだと思います

でも実は開発サイドでもこの駆け引きの部分は取り入れようとしている感じはあります
最近はRvRなどのPvPをメインにしたMMOが増えてきたからです
ひたすらLvを上げるだけじゃなくて、そのキャラクター同士が戦えるって事で、
それは一応駆け引きと言えなくも無いですが、私が妄想する駆け引きはもっと直接的な駆け引きなんですよね

具体的に言うと

剣の軌道レベルまでコントロールできる戦闘

がやってみたいです

相手の攻撃を剣でパリィしてはじいたりとか
フェイントから隙をついて攻撃したりとか
そういう、もっとリアルな戦闘ができたら楽しいですよね

ただ、問題があります

現状の入力デバイスである、キーボード+マウスで実現できるか

ということです
例えば、キャラクターの移動をマウスで行ってしまうと、戦闘時の操作はキーボードだけで行うことになります
複雑なシステムには複雑さに比例して利用するキーが増えますから
キーボードで複雑な戦闘システムをやろうとすると、すっごいたくさんのキーを使う事になっちゃうと思うんです

じゃあどうしよう・・・と考えたときに思ったのが

じゃあ移動をWASDにしたらいいじゃん

って事です
いくらゲームが進化しても、重力がある世界に居る限りはWASDでのキャラクター移動は基本的に問題ないと思われます

しかし、移動をWASD(キーボード)、戦闘時の操作をマウスにしてしまうと
俯瞰視点の場合カメラの操作をどうしたらいいの?って事になります

カメラは宙に浮きますから、三次元空間を自由に移動させてやらないといけません、キー数で言うと6キーが必要・・・

この問題を解決する手段は二つ

  1. マウスにカメラ移動も受け持たせる
  2. カメラ自体なくす

キーボードで操作するのは最初から考えません、だって無理ですもん

1.の場合はカメラの移動は現状のMMOでよくあるタイプのそれと似た感じにすれば良いでしょう

2.はどうするのか、カメラなくしたら見えないじゃん?
と思うでしょう

ふふふ

一人称視点にすればいいじゃない!

そうですよー、一人称視点にしてしまえばカメラの移動は考えなくてよくなります
でもカメラの向き、つまり視点は考えないといけませんね、視点はFPSみたいにマウスに追従させたりすれば問題ないでしょう

と言うことで、これでマウスを戦闘専用に使えます(非戦闘時には他の機能を受け持たせることも可能です)
マウスはかなり優秀ですよ!上下左右斜めに直感的にすばやく正確に動かせますから
これはすごく大きい!
キーボードは「直感的」な入力が難しいですし、動きにアナログさがありませんから(1か0かのみ)

そしてマウスには左右のクリックができますし、クリックとマウス操作を組み合わせてドラッグといった操作ができます
キーボードだと、二つのキーを同時に押すのが難しいですが、マウスだとドラッグは片手でできます
さらにホイールがついていますし、ホイールもクリックしたりすることができます
さらにさらにダブルクリックという操作だってできますし左→右とか右→左みたいに
マウスを片方ずつ順に押していく動作もできます

これだけのボタン操作が簡単にできるマウスを使えば
相当面白い戦闘システムが作れると思います

冷や汗だらだらもんの剣術と剣術のぶつかりあいみたいなのもできそうですし
魔法とか弓だってキーボードのファンクションキー押したらボンとかじゃなくて

例えば魔方陣をかけたりとか、狙った場所、むしろ狙った部分(武器を持っている手を狙うとか)撃てたら楽しいですよね
剣にしても、自分で自在にコントロールできたら鼻血でますよ

そして今回強く言いたいのは、頑張ったらそういったシステムのMMORPGが現状でも実現可能なんじゃないか
って事です

元々日本はゲームに関しては熱い国だと思います
今まで誰も思いつかなかったようなシステムのゲームが沢山出ました
日本のコンシューマ機で一時代を気づいたクリエイターが本気でネットゲームを作ったら
きっと斬新なシステムのMMORPGを作れると思います

パクリが基本の韓国なんかにMMORPG市場を任せていてはだめだと思います
日本頑張れ!

えぇい!コンシューマはいい!ネットゲームを出せ!ネットゲームを!


FEのCβの応募数がすごいそうです

こっそり200通応募しときました

阪神優勝!SUGEEEEEEEEEE

阪神優勝おめでとう!

阪神優勝おめでとう!

阪神優勝おめでとう!

阪神優勝おめでとう!

阪神優勝おめでとう!

 

うわーまんせー!まんせー!

 

岡田ー!


金本ー!


矢野ー!


赤星ー!


藤本ー!


下柳ー!


シーツ!

 

今岡ー!

 

JFK-!

 

その他ー!

 

みんなおめでとう!

 

 

 

修正しました(ノ´∀`*)

ヘイトのある生活

みなさんこんばんみ

メガネが壊れちゃって不便な思いをしています、ドードーです

 

さて、今日は以前からやろうと思っていた、L2のPTシステムについてのエントリーです

L2プレイヤーの方は1%も役に立たない情報なのでスルーですね

さて、そのL2のPTシステムですが、なぜこれを紹介するのかというと
ヘイトの概念があるMMOの戦闘システムを紹介しておこう
という思いからです

MMORPGにはヘイトの概念があるものと無いものに分けることができると思います
L2やEQ、FFもそうですね、ああいった類のがヘイトの概念があるMMORPGになります

・ヘイトとは何か
ヘイトとは日本語で言うと「憎しみ」です
MobがPCに対してどれくらい憎しみを抱いているかという数値になります
この数値が高いPCに対して、Mobは攻撃をしかけます

例えば

MobにFA(First Attack)をした
威力の高い攻撃をした
Mobと交戦中のPCにHealやBuffをかけた
MobにDebuffをかけた

などの場合にヘイトが上昇します
また、ヘイトの概念があるゲームにはMobのヘイト高めるスキルがあったりします
ヘイトを上げて意味あるのかいなと思うかも知れませんが、PTにはかなり必要なスキルです

・ヘイト概念のあるPTシステム
ヘイトが存在するゲームのPTシステムは、存在しないゲームのそれと比べると複雑なものになります
基本的には役割分担がはっきりします
PTの構成要因は
Attacker
Tanker
Healer
Buffer
この四種が基本の構成単位になると思います
そのほかにも、L2ではSpoilが可能なクラスを加えたり
PullerといってMobをおびき寄せる人が加わったりします
ゲームによっていろいろ特色のあるクラスがあったりします
でも基本は一緒でしょう

・Attacker
文字通り、攻撃する人です
高い攻撃力でMobのHPを削ることが役目になります
攻撃力が高い反面、防御力に劣るのが大抵このクラスの特徴なので
Tankerに守ってもらいながら攻撃することになるのが普通

nuker(caster)と呼ばれる、遠距離攻撃の可能な威力の高い魔法を使うクラスもこれに含んでもよいと思います
基本的に人気のあるクラスで、余りがちになる事が多いと思います

・Tanker
この人は守る人です
防御力やHPが高く、またヘイトを上昇させるスキル(L2ではそのままヘイトと言う)を使用可能なクラスが主に勤めます
この人がヘイトを上げることにより、Mobの攻撃を一手に自分が引き受け、PTを守ります

・Healer
癒す人です
主に回復魔法の専門職が勤めます
この人がヒールによってPTメンバーのHPを管理することにより安全にPTプレイを行うことが可能になります
ヒールは基本的にヘイトを上昇させるので、下手をすると自分にMobが攻撃を仕掛けてくる可能性もあります
その辺も調節するのが腕の見せ所でしょうか?
基本的に防御力はかなり低くなると思います
大抵はアタッカーなどと比べると人数が少なく、モテルクラスだと思います

・Buffer
強化する人です
PTメンバーの能力を強化する魔法(Buff)を使用してPTを補助します
大体BufferのBuffは能力を劇的に上昇させるので、居るのと居ないのとでは全然違うことになります
人数が少ないことが多く、結構モテルクラスだと思います

以上がPTの基本メンバーになります
その他のメンバーとしては

・Spoiler(L2では) Mobから得られる戦利品などを増やすクラス、普通は盗賊とか商人が多い気がする(Stealとかそういうの)

・Puller Mobをつれてくる人、Tankerはこの人が連れてきたMobをヘイトで自分に向かわせる、こうすることで効率が上がることが多い
足が速い弓を使うクラスなどが勤めることが多いのかな?
Tanker自身が勤めることも結構多いと思う

・Debuffer Mobのステータスを下げる魔法を使えるクラス、これ専門に特化したクラスって余りないと思う
メイジ系のクラスはDebuffを使える人とかがいたりします

・Summoner 召還する人、多分このクラスの人はPTにはあまり入らないと思う

だいたいこんな感じになると思います
つまりヘイトがあるMMOでは役割分担がすごくきっちりしてるんですね
そして結構高度な連携が求められます

アタッカーは何も考えずに攻撃ばかりしててもいけません
あまり強攻撃を加えすぎるとヘイトが上がりすぎて自分が攻撃されちゃいます
また、狩りを継続するためにMPの管理が必要になります

タンカーはしっかりMobのターゲット(Agg)を固定しないといけません
また、タンカーがFA(First Attack)を勤める場合は
常に、次のMobを見据えて行動しないといけませんし、
リンクやアクティブなMobを警戒しないといけません
Pullerが居る場合はその役目はPullerに任せればOKですが

ヒーラーはメンバーの生死を直接握っています
また、ヒーラーのMPが切れると狩りの継続は不可能ですから、シビアなMP調節が求められます
また、緊急時にも適切な対処を取る必要があります

BufferはメンバーのBuffが切れないようにしっかり管理することが求められます
ピンチに陥っているときにBuffが切れたり、Mobに囲まれているときに切れたりしたら困ります

PT


 

こちらはちょうどL2の典型的なPTを組んだときにとったSSです
ただ、このPTは平均レベルが低く、クラスの専門化が進んでいないので
Tankerはヘイトを使えませんし
Attakerは弓にも短剣にも特化してない中途半端な感じです
HealerとBufferも明確に分かれていないので兼務です、二人がお互いに協力しています

といった感じになります
少しでもヘイトの概念のあるゲームをやった事のない人の役に立てればいいですが
一応ヘイトのあるゲームってのはこんな感じです


今日のオマケ

Fly


 

露天商のドワーフの女の子が浮いてた

 

Fly2



せっかくなので下から・・・

試験的ニュースサイト風味

みなさんこんにちわ

今日は試験的にニュースサイトっぽい事をしてみます、ドードーです
といってもゲーム関連のニュースで私が気になったものだけピックアップです


【βテスト】話題のMMOアクション「ファンタジーアース」βテスター募集開始
by 4Gamer.net
スクエアエニックス提供の国産MMOという事で注目が集まるFE、私もばっちり応募しました

【βテスト】MMORPG「D&D Online」のαテスター募集に,12.5万人以上が応募
by 4Gamer.net
結構前に募集がかかってたと思ったのですが、凄い人気ですね。確か応募した記憶が・・・

【βテスト】SiLKROAD Online βテスター募集開始
by 4Gamer.net
今まで聞いた事も無いようなゲームですね、募集されたらとりあえず応募しちゃいますけど

【ハード】CrossFireリファレンスカード(前編)
by 4Gamer.net
やはりSLIもCrossFireも微妙ですね。少なくとも値段分の仕事はしてくれない物だと認識してます

【ハード】IntelとMicrosoft、HD DVD支持を表明
by ITmedia
IntelとMicrosoftがHDに行っちゃうと辛いですねぇ、ぶっちゃけどっちでもいいので規格が乱立する事だけは避けていただきたい

【ネット】「のまタコ」キャラ展開? ひろゆき氏、エイベックスに公開質問状
by ITmedia
流石ひろゆきですね、超COOLだと思いますよええ


と言う事で試験的にニュースサイトみたいな取り組みを行ってみました

毎日がエブリデイ! 冒険させてください!

みなさん こんばんば

前回の妄想話は結構好評だったみたいです(当社比
私の妄想はまだまだ蓄えがあります('-'*)フフ
暇人ってわけじゃないですよ?想像力豊かだということですね

妄想2:数字の無い世界

既存のRPGには、コンシューマーの頃からの共通点があります
さてなんでしょう

答え:数字が沢山出てくる

攻撃した際のダメージ
武器、防具の性能
HPやMP

全部数字で表現されますが

これをやめましょう!

現状のMMORPGではこの「数字」にとらわれ過ぎます
敵のHPが見え、自分の与えたダメージが分かり、自分の受けたダメージが分かります
それ故にそこには現実感がありません、リアルじゃありません、いかにもゲーム
性能の劣る武器は誰も使いませんし、明らかに倒せない敵には誰も挑戦しません

そして単調なクリック戦闘

これをやめましょう!

どんな武器防具でも腕次第で勝つことができ
どんな武器防具でも腕次第では負けてしまう

分かっていると思います
そんな戦闘のほうが楽しいって事は
作り手の方も、プレイヤーの方もそんなことは大昔から分かってると思います

武器防具の性能を数字で見ることができない事によって、逆に生産分野は楽しい事になると思います
名工と呼ばれる鍛冶屋の武器が有名になったりとか、プレイヤーによるブランドとかができたり
町で店を構えて、固定客がついたりとかしたら(*゚∀゚)=3ハァハァですよね
見た目で武器を選ぶ事だって今よりできるようになるでしょう
使い込むことによって性能が向上したりすると尚GOODですね

さらに数え切れないくらい武器が存在すれば胸が躍りますね
むしろプレイヤーによって作られた武器は同じものを作ることが難しいみたいな
それぐらいやっていただきたい
そして当然武器に銘とか名前を与えることができる・・・

いいなぁこれ

そしてMobのHPが見えないことにより

いつ戦闘が終わるかわからない

という緊張感ある戦いができますよね
やっと倒したと思ったらものすごい大量のEXPとお金を手に入れることができたとか
気づいたら戦闘が始まってから三時間経ってるとか

今のMMORPGは「一定の時間にいかに多くの敵を効率よく倒すか」

みたいな感じのが大半なので
もっと一戦一戦が緊張感があり、なおかつ駆け引きが熱いような
そんなのをやりたい、是非やりたい

鍛冶屋と一緒にレアな鉱石を探しに行ったりとかしたいなぁ
ゲットした鉱石で作った武器がとても良品で、以来ずっと愛用しているとか素敵
ありえないくらい強い敵を、多人数のPTで連携して倒したりとか(むしろ連携しないと無理なくらいの強さで

数字にとらわれなくてもいい世界

で、もっと冒険したいですね
Lv上げなんてしたくありません、毎日冒険していたら気づいたら強くなってたぐらいの方がいい
どうしても行きたい場所があるけど、その道に立ちはだかるBOSSを倒さないと進めないとか

そういうのなら必死に「修行」しちゃうかもしれませんね
あくまでLv上げは手段であってほしい


テーマは冒険

です

 

PS:妄想話を投下しだしてから何だか好調です
毎日更新できそうなくらい好調です、がんばります

試験的4コマ

1

 

 

 

 

2

 

 

 

 

3

 

 

 

 

4

 

 


 

この後/escapeコマンドを使って町に帰還しました(いわゆるスタック

 

編集後記
SSの加工は意外と難しいです
フリーウェアーでいいソフトは無いでしょうかね
私が現在加工に使用しているPictBearは文字を縦書きできなかったりといろいろ不便な点があります(一文字ずつ改行したりしてます)

やはり写真屋とかを使うのがいいのでしょうかね
あれ高いですよね・・・

激しく妄想

みなさんこぬつわ!

今日は激しく妄想話を展開、ドードーです

 

あれですよ?
妄想といってもエチーな話じゃないですよ?
何の妄想かというと

「こんなMMORPGがあったらいいな」

という妄想です。いたって健全

MMORPGをプレイしたことのある方なら
「○○で○○なMMOがあったらいいなぁ」
なんて事は一度や二度は考えたことがありませんか?

私はかなり考えてます、もう売り込みたいくらいにっ

それというのも、現状のMMORPGが停滞期だからだと思うんですよね
見るもの全てが新鮮!な感覚を久しく味わっていません
もっと新しくて、斬新なMMOをプレイしたい!と思いませんか?

思いますよね!?今日はそんな妄想をいくつか公開してみます

妄想1:超広大MAP

最近のMMOPRGは複数のサーバーでパラレルワールドを作り
プレイヤーの接続を分散することで負荷の低減を図っています

これをやめましょう!

じゃあどうするのかと言うと、複数のサーバーで超広大な世界を構成するのです!

夢が広がりませんか?

どれぐらいの広さかというと、そりゃあもう超広大、広ければ広いほどいいと思います
でもちゃんと中身は詰め込まないと意味ないですけどね

例えば

・友達と一緒にゲームを始めたけど、違う種族を選んだ故に出会うまでに半年かかった

・最初の頃出会ったプレイヤーと都で数ヶ月ぶりに再会を果たす

・行った事が無い場所がほとんど、まだ誰も世界地図を作ったことが無い

・全世界が未踏の地状態なので、自分で踏破したプレイヤーが作った地図が高値で取引される

うはー楽しそう!

今日の冒険はどこいこう

みたいな感じになりますよね
すごく楽しいと思います!

これは現状のMMOでも時間と労力さえ惜しまなければ実現可能な事だと思います
ただ、広い世界を冒険する楽しみを失わないために

1.システム側では地図を一切用意しない、公開しない

2.複数のスタート地点を用意する必要がある(ワールド中にプレイヤーが拡散するような設計が必要)

3.一極に人口が集中しない、できないようなワールドの設計(大陸が複数あり、大陸ごとに央都があるとかそんな感じ)

4.移動するのに難易度の困難なダンジョンを通る必要性を作るなど、簡単に踏破できない設計

5.ゲーム外での情報交換で簡単に地図を作成させないため、異種族などスタート地点が異なるもの同士では、同じ場所でも地名の呼び方を変えてしまう

例:エルフが「母なる森」と呼ぶゾーンは、人間は「エルフの住む森」と呼ぶなど

また、その応用で、武器や装備、アイテムなどの呼称も
種族ごとに変えてしまう。つまり異文化コミュニケーションが必要

例:エルフの村ではベーシックなナイフが、人間の都ではかなりの値打ち物だったり
「△△△と似たような剣が私のふるさとにもありました、あちらでは○○○と呼ばれていましたが」
など、共通の物に対して異なる価値、呼称を与える

6:むしろ異種族間のコミュニケーションが取りにくい仕様にする
例えば、エルフと会話するにはエルフ語スキルを覚えないといけないとか
通訳とかで多言語マスターしたりする人が出てきておもしろそう

どうでしょうか

とにかく、毎日が冒険

そんなMMOはすごく楽しそうだと思います

そんな感じで妄想話第一回は終了

激しく雑記

みなさんこんぼんぼ

今日は激しく雑記と言うことで、徒然なるままに・・・

AOEIIIのゴールド(製品版)が完成したとの事です
発売日は10/18

ウーンどうしようかな・・・
DEMOやった感触からあまり変わってないようなら買わないでしょうね
マルチプレイ可能なDEMOが出たらまた考えるんですけどねぇ

必要スペックも同時に公開されました

CPU:1.4Ghz(?)
Mem:256MB
VRAM:64MB(要ハードウェアT&L)
OS:XP
HDD:2GB
通信環境;56kモデム


Opteron144を注文しました

初回入荷分は完売との事なので、次回入荷は10月中旬以降
(-ω-;)ウーン
ノリで注文しちゃったのに忘れた頃に届いたりしたら気持ち的に微妙
早く届いてほしいなぁ。。。
動くかなぁ、回るかなぁ


Gunz秋田

もうあまり楽しくないです
やっぱりなんでもLv制にするのはよくないと思いました
勝っても負けてもLvや装備のせいで台無し

純粋に勝負を楽しめるゲームではない事に気づきました


明日の予定

明日は秘蔵の妄想話を投入しようと思います

L2のエントリー書こうと思ってたのですが
休日はサーバーが重過ぎてやる気が出ません
カクカクブルブル

脱MMOプレイ日記?こんなはずじゃ

皆さんニーハオ

夏休み気分が抜けません、ドードーです

ここのところ特に決まったゲームをやったりしていないので
何を書こうかなぁと考えているうちに数日経っていました

更新しないよりはした方がよっぽど良いだろうとひらめいたので
見切り発車で書き始めました。まだ内容は決まっていません

とりあえずここ数日でプレイしたゲームをあげてみます
Gunz、BF2、DoW、SWGB
(-ω-;)ウーンバラバラ

Gunz(TPS)はちょっと飽き気味になってきました
Lvは21になりましたが、逆にLv制のつまらなさを感じてきています
Lv21になるとエキスパートチャンネルというところでプレイできるようになるのですが
ここに来て初めて自分より強いプレイヤーに出会いました
もうちょっと頑張ってみようかな

BF2(FPS)は思いついたように昨日プレイしました
やはり楽しい!でもずっとずっとやると疲れるので2、3ゲームやってやめました
2ゲーム目でいきなり分隊長になってしまったのが原因かもしれません
分隊長になると死ぬわけにはいかないので暴れられないー!!!のです
私は死を恐れるようなプレイは趣味じゃないのですよね
隊員に指示を出すのはそれなりに好きなのですが
FPSですのでRTSのように指示どうりに動いてくれなかったり

DoW(RTS)は知人とプレーしました
内政面が簡略化されていて戦闘を楽しめるのがいいです
ただマルチプレーの際に若干不具合があるので、その辺が悲しい
こちらの方がSWGBより短時間で決着がつくので楽しい

SWGB(RTS)はまだこのブログには書いたことが無かったと思いますが
ユニットがスターウォーズになっただけのAoEと考えてもらえばOKです
こちらは少し飽き気味、AIと対戦するよりやはり人間と対戦したいですね

 

どうなんだろう!MMOやってない!
L2課金してるのになぜプレイしないんだろう自分
短剣買おうとか、もうちょっと紹介記事書こうとか思ってるのに!
まぁぼちぼちでいいのかな?ゲームだし好きなときにプレーすればいいですよね

今後の予定としては
L2の紹介記事をもう少しプレイして書く予定
あとFEのテスター募集が始まりそうなのでそれに応募します
SiLKROAD ONLINEとかいうのもテスター募集するらしいので一応応募
あとは前から書こうと思っていた妄想話をそろそろ投入しようかと思ってます

そんなところですかね!
文章だけになってもできるだけ毎日書くように心がけたいと思います
それでは皆様アデュー

PS.ときメモオンラインが話題になりましたが、実はひそかに応募していました
別にプレイしたいわけじゃないのですが(強く強調)、ここに書くネタとしては超A級だと思ったのでw
でもよかったぁ、あの恥ずかしい封筒届きませんでした
住所をペンギン村にしていたのです
郵送とか知らなかったし、危なかったですね!

GBR6 GunzOnline編

いつか来るのは分かっていた
覚めない夢を見ていたいだけ
夢から覚めることは無い、また夢の続きを見れる、そう信じたい・・・

時は非常にも過ぎ去った、その時を避けることはやはり不可能だったのだろう
でも私は認めたくない、過ぎ去った日々を否定したい、未来を信じたい・・・

過ぎ去りし日々を取り戻す事だってできる
進むことができるなら戻ることだって
信じる力、その力を私は信じたい・・・


過去を今にに変える力を私にください
神様、あと少しだけ

 

 

夏(休み)の終わり ~完~

 

みなさんブエナス ノチェス!

夏休みが終わってしまいました!

やだやだ、じたばた
どうしてうちの学校は夏休み短いんでしょうか!
まぁしょうがないですけどね・・・行きますけどね・・・

あまりリアルの事は書きたくないのですが、今日は思わず書いてしまいました
あぁ・・・悲しいなぁ(涙)

 

さて、気を取り直して行きましょう!
今日のエントリーはまたもやGBRです
もう放浪もいいところですが、出たらプレイしてレヴューしないと気が気がすまない体になってきました

 

GBR第六回 Gunz Online

Gunz



さて、今回のレヴューはGunzOnline(以下Gunz)
こちらはネットマーブルが運営する韓国産のゲームになります
ジャンルはTPS

TPS?聞きなれない名前ですね
実はなんて事はないです、「Third Person Shooter」つまりFPSの三人称視点バージョンということです

ですから操作もほぼFPSのそれを踏襲しています
FPSを少しでもやったことのある人は操作に戸惑うことは無いでしょう

実はこれ、最初に言いますけど

結構ハマりました

更新があいたのもプレイしていた事が一つの原因です(ずっとやっていたわけではもちろんありませんが

 

playing


 

Gunzを一言で言うと

カッコよく動きながら敵を撃つゲーム

です

上はカッコいいSSです
カッコよく飛んでるのは私です
ちなみにキャラの顔はかなり不細工(女性キャラは特に

 

playing2



こちらは私ともう一人のだれかがカッコよく交戦しているシーンです
相手は明後日の方を向いているので私の方がよりカッコいいと言えますね
FPSで鍛えたAIMでバッチリ狙ってます

 

playing3



これは私じゃない誰かがカッコよく壁を駆け上っているところですね
なかなかカッコいいですけど、私の壁のぼりはもっとすごいです(本当は一緒
どうして私が他の人のSSを取れるのかと言うと
私ぐらいのカッコよさになると華麗に観戦することが可能なのです

 

Dead



華麗に観戦中の私


 

Finish


 

そしてこちらが華麗に優勝した時のSSです
あまりのカッコよさは二位以下の追従をまったく許しません

 

 

Shop



そして勝利すればするほどお金が溜まり
より強く、より美しく、より華麗になっていくのです


というような感じで(?)Gunzは

さまざまなアクションを駆使して戦うことができるカジュアルTPS

といった感じです

使用可能なアクションは結構多く
壁を駆け上る、壁を走る(忍者みたいな感じで)、壁に剣を突き刺してぶら下がる、壁蹴りで高所へ飛び上がるなどのアクションが可能です

FPSではそういったゲームは作れないので(転地が逆転するような動きがほぼ不可能)
そういった点ではかなり新鮮でした
私はやったこと無いのですが、デビルメイクライと似た感じらしいです(パクリ?)

クライアントもかなり軽くできてますし
動きも軽快です、ビュンビュン飛び回る爽快感みたいなものは感じることができます

使用できる武器はまぁオーソドックスな物がそろってます
強いて言うなら、スナイパーライフルが無いくらいかな?
二丁拳銃とか二丁サブマシンガンとか、某マ○リックスみたいな雰囲気を味わえますよ

私は初期装備のサブマシンガン二丁をずっと愛用してました
FPSを多少やっていたので、最初から操作にもなじんで、結構勝ちまくりました(自慢です

唯一慣れないのは、格闘武器ですね
刀で切り付けられ、宙に浮かされ、地面でしりもちをついているときにガガガガガっと銃で撃たれて死んだりしちゃうんですよ

さらに上級になると、Korean Styleという独特の動きで敵を翻弄できるようになるみたいなんですが
私は接近武器はオマケ派だったので特に研究しようとかは思いませんでした
必要も感じませんでしたしね

 

そんな感じで、結構面白いゲームです
普通にお勧めできるレベルですね

ただ、やはり欠点も上げなくてはいけません

1.装備、レベル制
やっぱね、これはいかんと思うんですよ
レベルが上がると装備可能な武器が増えます、基本的に上位互換なので
同じ強さなら、武器や防具のいい方が勝つようにできてます

・武器ごとに細かい違いを作るが、長所短所をしっかり作り選択肢を広げる
・防具などの装備品も、ある点を強化するとある点が弱体化する
・リアルマネーでは見た目がいい感じの衣装(アバター)が買える

こういった感じで、装備の差が戦局に及ぼす影響は小さくした方がいいと思います

2.ラグ
このゲームをプレイする際はポートの開放が必要になります
まれにポートを閉じたままプレイしていて、ワープしまくり!なPCがいます
これ何とかしてほしいですね
PING高い人は自動でKICKできる機能ぐらいはつけてもいいかと

3.プレイヤー

eating



あえて言いますが、こういったゲームは

プレイヤーの質が低い

上のSSはルームをパスワード制にして外食に出かけているプレイヤーです
こうしていると自分にWisが来た場合にログが読めるかららしいですが
超絶に意味不明です

scavenger


 

このSSを見てください
「金稼ぎ」
というルームがいくつかありますよね

一番問題があるのはこれだと思います

何をしているのかというと

装備をつけない、撃たれても避けない、勝負をしない

そうやってお互いに「効率よく」殺し殺されることによって
ゲーム内のお金を稼いでいるプレイヤーです

明らかにゲームの趣旨を履き違えた、程度の低いプレイヤーです(あえて言います)
おそらくこういった気持ち悪いプレーをするのは日本人ぐらいだと思います

こうやって装備やレベルだけ整えても意味が無いんですね
初期装備のマシンガンでもやりようによっては十分戦えますし
いかにいい装備を使おうとも腕が無くては意味が無いんですよ

はっきり言って

気持ち悪い

こういったプレイヤーは運営の方で何かしら対策をとってもいいと思います
みなさんは私が極端な事を言っているように思うかもしれません

しかし、今は無きボンバーマンオンラインでもこういった行為が蔓延しており
運営による取り締まりの対象とされていました
事実こういった行為はゲーム内の腐敗を早めます

問題に感じたのは以上の三点です
でも問題点よりも、ゲームとしての面白さの方が大幅に勝っているのでプレイしてみる価値アリです
真実の判断は自分の目でどうぞ

Home > 2005年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。