Home > 2006年02月

2006年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Progressive Test

共通テーマ:
GranadoEspada テーマに参加中!

http://www.granadoespada.jp/news/000253.html

http://www.granadoespada.jp/barrack/000254.html

Granado Espadaがやっと3rd(Final)Closed Beta Test "Progressive Test" を行うようです
公式サイトが音信不通になってからずいぶん時が経ちましたが、やっときたってところですね
興味深いのが

「グラナド・エスパダ」クライアントパッケージを
X-Tester全員へもれなくプレゼント!

【「グラナド・エスパダ」クライアントパッケージ 内訳】

○クライアントソフト DVD-ROM(クライアント容量:約2.0GB) 1点
○グラナド・エスパダ プレイガイド(小冊子) 1冊
○ポストカード 1枚
○ワールドマップカード 1枚

結構太っ腹ですね
クライアントが2.0GBと大きめだから、サーバーの負荷分散とかも狙いなんでしょうか

GEの動作環境は

動作環境

 

 

 

 

という事なので、興味のある方は3/1からの応募要チェキ
なんと言っても注目のタイトルですしね

応募の際のコツを(役に立つかは置いておいて)書いておくと

ブログ、トラックバック、作文

この三つはしっかりクリアしておきたいですね
選考は抽選ではなく、一つ一つの応募をしっかり見ているようです
ブログをやっている方は、公式サイトのバラックと最新情報にトラックバックが出来るので、やっておくと吉です
あと作文も頑張らないとダメだと思います
普通に文字制限ギリギリまで書くのは当たり前ですよ!中にはわざと複数に分けて応募して熱い思いを語ったテスターも居たようです(誰だろう)

Guild Wars Factions Championship Series

共通テーマ:
Guild Wars テーマに参加中!

http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.02/20060224185912detail.html

チャンピオンシリーズ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

賞金10万$━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

新しいチャンピオンシリーズは拡張セットGuild Wars Factions(GW:F)導入後
つまり日本も海外とほぼ対等なスタートラインに立っての勝負っ!
熱い、熱いなぁ・・・

日本人の力、世界に見せつけたい所ですね

ぼくのアレシアのコントロールも悪いが、悪いのはアレシアだ!

共通テーマ:
Guild Wars テーマに参加中!

私だけ?

私だけ

 

 

 

 

 

 

 

私だけ

私だけ2

 

 

 

 

 

 

 

私だけ!

私だけ3

 

 

 

 

 

 

 

私だけ・・・

私だけ4

 

 

 

 

 

 

 

お前だけ

最後の望み

 

 

 

 

 

 

 

最終奥義

レストアライフ

 

 

 

 

 


 

レストアライフ(笑)

 

迷走

 

 


 

正直かなり頑張ったと思う。道に迷ったのが痛恨の一撃だったけど

 

ミニオンマスター

一番ということ

http://www.asahi.com/sports/update/0224/021.html

荒川金!素晴らしかった!おめでとう!

私はリアルタイムで見てましたが、本当に素晴らしい演技でした
それは私だけが感じたわけではなく、会場の観客もスタンディングオベーション!
まさに文句無しの金!褒め言葉が思いつかない!すごい!
荒川選手の演技が終始美しかった。それだけを覚えています

オリンピック金メダルというのは、つまり一番ということ
世界で一番、これほど分かりやすい事はない
一番の人をバカにできる人間は世界に一人も存在しないのです。存在できないのです
そこには真実があります。絶対があります

フィギュアスケートで金メダルというのは本当に素晴らしいことですが
それ以外でも、たとえどんな事だろうと、一番というのはかけがいのない名誉です
一番になることが一番難しいのです
それ故に人は一番に憧れる、賞嘆する、それは実に自然なことで恥じる必要などまったく無い
素直に称えたいですね、そして何でもいい、自分も一番を目指して戦っていきたいものです

MMO界がこの先生きのこるには

http://www.gpara.com/news/06/02/news200602221294.htm

ふーむセカンドチャプター・・・
うわさによるとキャラクター引継ぎはできないとか?どうなってるんだろ
マビノギもすっかりアップデートの度に復帰するというスタイルが私の中で定着してしまいましたね
日本へはたぶん六月末~七月ごろ?夏休みにあわせてくるんじゃないかと思います
大体こういうのは長期休みにあわせて来るのが多いですよね

この記事で気になったのは

NexonN

いつからNexonNになったんだろ、何の略?
ネクソンニュー、生まれ変わりました!・・・これは流石に安易すぎる
ネクソンネオ、微妙すぎる、コロニー落としそう
ネクソンネット、あー・・・ありそう・・・

少し気になったので韓国のNexon公式まで見にいってみました
ところがNexonNという表記は見当たらず、ジーパラさんの誤植説が濃厚に・・・
なにやってんだろ自分、なにやってんのジーパラ

そういえばNexonといえば、ZerAとか作ってましたよね
あれはどんなもんなんでしょうか、マゾ過ぎるとか盗作だとかあまり良い噂は聞きませんが

そしていつの間にかFEも発売ですか?
結局ベータには参加できず、さらにOβもやらないという
自信なんでしょうか。正直こちらもあまり良い評判は聞きません
ずいぶんお値段も張るようですが売れるんでしょうか

次世代MMOとして期待していたGEは日本では音沙汰無し
本国ではOβらしいですが、果たして開発段階でハッキュ氏が言っていた要素のどれほどが実装されたのでしょうか
正直最初に期待していた作品が出来上がったとは思えないんです

いつになったら次世代MMO出るのーっ!

一番いいのは見た目 -IW-

共通テーマ:
Guild Wars テーマに参加中!

今日はイリュージョナリーウェポン(IW)の使い心地を試してみました

イリュージョナリーウェポン


 

Me/W オールラウンドイリュジョナリーウェポナー

1.リーチシグネット(敵のアクションを中断させてエネルギーを得る)
2.ディストーション(敵の攻撃を75%の確立で回避できるが、回避するたびにEne-1)
3.イマジンバーデン(敵の移動速度を下げる)
4.エーテルフィスト(敵のエネルギーを吸収し、ヘルスを回復させる)
5.インスパイヤヘックス(味方の弱体化スペルを取り除き、エネルギーを得る。さらにそのスキルをしばらく使用できる)
6.イリュージョナリーウェポン(通常攻撃は当たらなくなるが幻影武器で固定ダメージを与えられるようになる)
7.フルーリー(攻撃力は下がるが攻撃速度が上昇する)
8.リザレクションシグネット

特性はイリュージョンとインスピレーションに多めに振って余った分をファストキャストあたりで
ソードマスタリーに振る必要はあまり無い、0でも別にOK
あ、あとReq満たしてなくていいので剣を忘れずに持ってくるように
剣のエンチャント20%UPを生かしたいならReq満たした方がいい

今回はRAで使ってみようということなので、割とどんな状況でも対応できるような感じにしてみました
逆に言うと器用貧乏で、個性はあまり無いかもしれません

基本的使い方としては「イリュージョナリーウェポンで斬る」ただそれだけ
しかしあなどるなかれ、このイリュージョナリーウェポンはなかなか恐ろしい
幻影武器による攻撃なので、通常のWに有効な対策がこのIWには通用しない
盲目、ブロック、回避、全てが無効で絶対当たる、固定ダメージでガシガシ削る、楽しい

IWによる攻撃を防ぐ有効な手段は、走って逃げるかIW自体を剥してしまうかどちらか(だと思う)
前者は簡単に取れる対策だけど、そんなのはこちらもあらかじめイマジンバーデンなどで対策は取っている
怖いのは後者、これをされるともう何もできない

しかし、こういったエンチャント剥しができるジョブでも、それを備えていることはあまりなかったりする。
少なくともRAではあまりない。というかこれはRAで遊ぶ為に組んだビルドだった!問題無し
対策するなら他のエンチャントで蓋をしておくことかな、これなら一気に生命線のIWまで剥されることはほぼ無くなる
維持するとしたらシンパセティックヴィサージュとか?ヘイストイリュージョンは少し微妙かな、Nのタッチで移すのもアリだけど
攻撃速度を下げるのも有効だが、Meなら対策は難しくない

基本的にどんなジョブに対しても強気に斬りかかれる
対WやRならディストーションを維持すれば怖くない、対EやNならリーチシグネット等でキャストを止められるし、当然Moにも、通常のW対策が効かないので有利に攻められる
エーテルフィーストでヘルスの回復と敵のEneの吸収(少ないけど)
インスパイヤヘックスもほとんど自衛用として使用、逃げる相手にはイマジンバーデン
フルーリーは継続時間が短いけどEneも5なのでどんどん使う
ちなみにIWの固定ダメージはフルーリーの攻撃力減少に影響されない、つまり恩恵のみ享受できるので相性抜群

IWとフルーリーの相性がいいので、後はわりと自由に考えていいと思う
対Wや対キャスターに特化してもいいし、対Mo仕様にしたっていいし、自衛手段をもっと強化して打たれ弱さを改善するのもいいと思う
今回はEne確保がしやすそうということでMe/Wだけど、W/Meでもいいともう。タイガーフューリーと組み合わせてR/MeやMe/Rでもいいかも
幸いEne確保手段は豊富だし
基本的にIWをつけて殴ってるだけなので、中断系スキルとの相性は非常に良かったです
IWと組み合わせると良さそうなスキルやジョブはまだまだ豊富そう
敵に接近するのでタッチ系スキルとも相性が良いかもしれません
IWAYと組み合わせるのもこれまた面白そうですね

IW発動

 

正直この見た目の良さがたまらないです

インターフェイスのカスタマイズ

共通テーマ:
Guild Wars テーマに参加中!

GWには実は便利な機能があります。それは

インターフェイスのカスタマイズ機能!

これはかなり便利でして、インターフェイスを自分好みに変えてしまうことができる機能なんです(そのまま)

実際にやってみた

インターフェイス

 

 

 

 

既に原型をとどめていない私のインターフェイスです
コンセプトとしては、情報の集中ですかね

いろんな場所に情報が散在していると、プレイ中にいろんな場所をきょろきょろと見回さないといけなくなってしまいます
それだと見逃してしまうことも多いので、思い切って一箇所に固めてしまおうという試み

実際これがなかなか良くて、個人的には気に入っています

元々右上にあったレーダーを右下に
エフェクトモニタや持続モニタなども全て中央下に固めてしまいます
その一方で、メニューなどの普段使わないものを左上へおいやって完成
一見ごちゃごちゃして見えますが

プレイ中

 

 

 

 

プレイ中は意外とすっきりしています
情報が画面下に固まっているので、下半分を見ていれば主要な情報は確認できますし
上半分はその分すっきりしているので、キャラクターの操作などに困ることはありません
元々俯瞰視点なのもあって、上半分がすっきりしている方が画面も見やすくなります
それぞれ好みはあると思いますが、こうやってカスタマイズができるということは非常にユーザーフレンドリーでGood
自分に一番あったインターフェイスを探してみてください

GW最新事情

共通テーマ:
Guild Wars テーマに参加中!

現在世界中でサービスが提供されているギルドウォーズですが
台北ゲームショーにて、Guild Wars: 2006 World Championshipが行われたようです

4gamerによるGWWCの記事はこちら
優勝したLP(The Last Pride)のインタビューはこちら

これらの記事を見ると、なんと優勝したEvilことLPは総勢八名との事
一人でも欠けるとGvGができないというのはかなり厳しいと思うのですが、それを乗り越えてしまうところが優勝したチームのすごさなのでしょうか
日本勢はまだ世界トップクラスに及びませんが、いつか日本人もトップ争いに加われればよいですね
八人の学生チームが優勝できたのならどのギルドだってそれができるって事の証明でもあるかと思います

ただ優勝したLPのインタヴューを聞く限り、やはり上位に食い込むにはVC(Voice Chat)が必要不可欠なのが現状だと思います
試合中の意思疎通が非常に重要だということはプレイしているとひしひしと感じるのですが
そういった意思や情報の伝達手段がGWではいまいち整っていないと思います

具体的に言うと、GWは目で見える情報に頼りすぎているというのがあると思います
味方のHPや位置など主要な情報のほとんどをゲーム内インターフェイスを見ることによって確認できるようになっています
ただ、一度に見れる情報には限度がある、だから音による情報伝達、VCが必要になってくるのだと思います

目で情報を確認するのは普通だろと思うかもしれませんが
最近のゲーム、特にFPSなどの片時も操作を休めることができないゲームにおいては
音による情報伝達は結構重要視されてきていると思います
そういった点ではGWももっと音を使うべきなのです

例えばラジオチャット
BF2などでは標準で装備されている機能ですが
GWにもこの機能は非常に有効だと思います
どんな機能かというと、例えばF1~F12キーに
「逃げろ」 「集まれ」 「攻めろ」
などの音声を割り当て、必要な時に1キーで喋らせることができれば
VCを使用せずとも音による意思疎通ができるようになります

VCは、いわゆる「中の人」の声を使ってやりとりする事になりますが
これに抵抗を感じる人は結構居ると思います(現に私も多少抵抗があります)
ですからラジオチャットはぜひ実装してほしい機能なんですが

こちらを見る限りそういう話はなさそうです

ミニオンマスターへの道

共通テーマ:
Guild Wars テーマに参加中!

ギルドウォーズのRPGモードも残すところあとわずか(気づいたらもう火山地帯ですよ)
今日はPRGモードで結構人気があるらしい、ミニオンマスター(MM)をやってみることにした

といっても、どんなのが一般的なのか分からないので、とりあえず頭の中だけで考えて組んでみる

ミニオンマスター


 
ミニオンマスター(ドードーオリジナル)

1.バーブ(対象がダメージを受けると追加ダメージ発生)
2.マスターブラッド(HPを犠牲にしてミニオン回復)
3.ベラータズサクリファイス(ミニオンの状態異常を術者が引き受け、ミニオンはライフ+10pip)
4.アニメートボーンミニオンズ(死体からミニオン二体召還)
5.インフューズコンディション(術者が受ける状態異常はミニオンに移される)
6.ダークボンド(術者のダメージ75%をミニオンに移転)
7.プレグシグネット(術者の状態以上を全て対象の敵に移転)
8.リザレクションシグネット

ミニオンを使えば何だってミニオンマスターだろ的ビルド
ミニオンを召還してバーブをかけた敵を殴らせつつ自分は痛みをミニオンに転送してぬくぬく過ごす作戦
2は戦闘終了後の移動中に定期的につかってミニオンを維持する役目
弱点はミニオンに頼りすぎて死体がない時はバーブしかする事が無いという点(致命的)
頭の中では、4→5+6+1→3→7 のコンボが描かれていたけど
実際にはミニオンが状態異常をもらってるということは少なく、7はそのまま無駄に
さらに言うと5もあまり必要性を感じなかった
ミニオンがEneタンクとして機能するからソウルリーピングある程度あればEneには困らないだろうと思っていたけど
ミニオンが死ぬときは一気に沢山やられてしまい、ほしいときはEneが無い、する事がない時にEne満タンという状態に
アニメートにEneが25も必要なのでテンポが悪くなりがち

これではいかんということで少し改良

ミニオンマスター改



ミニオンマスター改 (ミニオンタンクマスター)

6.ブラッドオファー(ライフ犠牲にしてEne回復)
7.アルカナエコー(自分のスペルを複製して20秒間利用可能にする)

相変わらず死体が無いと何もできないけど、アルカナエコーで3をコピーすることで、ミニオンの耐久を上げてやろうという試み
アルカナエコーは他にも、リキャストが長い4や1などに使ってもいい
その分Eneの消費が激しくなるので6を入れてみた感じ

ちなみにまだ使っていない
戦闘中常はサクリファイスを常時維持し続けてミニオンの耐久を上げることがテーマ
ミニオンをタンクとして使いつつバーブでダメージの底上げができればGood
うまくいくのかはまた後日

マークオブペイン(対象がダメージを受けた場合隣接する敵にも追加ダメージ)
これもうまく使えばもっと良くなりそう
死体が無い時用にデスリーチルを入れるのもよさそう
そういえばライフ回復手段とかが無いけど、ダークボンドあるしまぁいっかw
スロットがもっとほしい

ペットビルド


 

暇だから観戦してたら見かけたオモシロチーム
なんとペットが総勢6匹
見ていて面白いのでこういうのは大好き、自分もやってみたい(一人では意味無いけど
だらだらーっと眺めてみたけど、ペットはただ入れてるだけの人と、ペットを強化してメインに使ってる人が両方居たので(多分後者はプライマリーRの人)
本当に痛いペットがどれか分からないという、一応利点もありそうなビルド
でも負けてた

DPS重視レンジャーの巻き

共通テーマ:
Guild Wars テーマに参加中!

今日はいつもお世話になっているてきとうにっきさんから

DPS重視のレンジャービルドを参考にしてちょっとだけアレンジを加えたビルドをやってみました

DPSレンジャーオリジナル


 

こちらがてきとうにっきさんオリジナル

1.サベージショット(詠唱中断+追加ダメージ)
2.クイックショット(通常の二倍のスピードで矢を打つ)
3.デュアルショット(二本矢を打つ)
4.キンドルアロー(矢にファイヤー属性付与)
5.カンジャーフレイム(ファイヤー属性攻撃をした時追加ダメージ発生)
6.サーペントクイックネス(スキル再使用時間短縮)
7.トロルアングエント(回復)
8.リザレクションシグネット

特性は、マイナールーン込みで
エキスパーティーズに13
ボウ、サバイバル、ファイヤに9、9、9にしてみたけどこれが一番いい感じ
攻撃の回転が速いので、ゼラスボウ(Ene-1pip 攻撃成功時Ene+1)をつけて、エンチャント20%もつけてみた

カンジャーとキンドルを維持しつつ123を回していってダメージを稼ぐのがメイン
余裕があるときにサーペントクイックネスを入れてやるとさらにいい
一撃にかけるのではなく回転を上げてどんどん削っていく感じになる
基本的に追加ダメージで稼ぐことになるから、プロテクションスピリットなどのスパイク対策を無視できるのが強みなのかな?
デュアルショットでダメージが五つ並ぶのは見ていて気持ちいい
反面防御貫通ができないのでイージスやアーマー系などに弱いと思った

まぁここまではただ単に真似しただけなので、なんの面白みも無い
ここで少しアレンジをしてみる

DPSレンジャー改



DPSレンジャー改

1.ハンターショット(追加ダメージ+移動中or転倒中なら負傷)

地味なアレンジだけど、Ene消費が10から5になるのでずっとEneの持ちが良くなるのと
DoTを入れる事ができるようになるので攻撃対象が広がる
個人的にはこっちの方が好きだけど、中断ができなくなるので一長一短なのは言うまでも無いこと
このままだとアレンジというほどのものでもないのであえて冒険してみる

DPSレンジャー改改



DPSレンジャー改改

1.ハンターショット
6.マークオブロドゴート(対象が火属性攻撃を受けると1~3秒間火傷)
7.レッサーエネルギーグリフ(次に使うスペルのEneコスト-15)

せっかくカンジャーフレイムやキンドルで火属性の矢を撃っているのだから
さらに追加効果を狙ってみるという考え
ただマークオブロドゴートが単体だとEneコスト25とレンジャーにはきつすぎなので
レッサーエネルギーグリフを入れて無理やり使っている状態
トロルなどの自衛手段が0になっていてかなり無理のある構成なので、自分が攻撃されるという状況に陥った時非常に弱い
だからRAなどでMoが居ない構成だと自活できずにすぐ死んでしまう
GvGなどで使うならマークオブロドゴートはEにやってもらう方が断然良いのでこれもメリットが少ない
安全な場所からバンバン攻撃できる状態の時のみかなりいい感じのダメージが出せる

Home > 2006年02月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。