Home > 2006年09月

2006年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TGS2006

さてさて、旬の東京ゲームショー関係の情報で気になったものをピックアップしますよ

ITmedia +D Games:カプコンの隠し球。「モンスターハンターフロンティア」が電撃発表
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0609/23/news009.html
4Gamer:[TGS 2006#26]今冬にクローズドβテスト開始予定の「モンスターハンター フロンティア オンライン」のプロモーションムービーをUp
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.09/20060923080436detail.html

国産ネトゲが出るようですね
モンスターハンターってゲームがオフゲーである事は知ってるんですけど
プレイした事は無いので内容はよく分かりません
でもやはり、国産というだけで注目してしまいますね
ムービーを見た感じではMO/MMO併用になるんでしょうか
ポータルとなる街ではMMO、そこから数名のグループでMOの世界で遊ぶ感じに見えました
今冬のβはチェックですね

4Gamer:[TGS 2006#41]韓国産のガンダムオンライン3Dシューティング,「SDガンダム カプセルファイター オンライン」がプレイアブル展示
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.09/20060924042034detail.html

これもちょっと面白そうですね
前々から「ガンダムFPS」が出たら面白そうだなぁと思っていたので
これなんかいいんじゃないですかね
ゲーセンのあれはちょっと操作性に難があると思うんです
もっと自由に3D空間を動き回れるゲーム、そして入力機器が出てきたら間違いなくおもしろいと私は思います

[TGS 2006#28]Sandio Technologyブースで“3Dマウス”の正体を見る
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.09/20060923201926detail.html

で、3Dマウス
この製品自体のできがどうこうという話ではなく
三次元空間を自由に動き回れるゲームを作るには
二次元平面(テーブル)の上を滑るだけのマウスでは事足りないのは明らか
そこでこういった新しい入力機器が重要になってくると思うのです
そういった点では、斬新な入力機器を出してきた任天堂のWiiの方が、劣化PCのPS3よりも私には好感が持てます

MSI 7900GTX
http://www.msi-computer.co.jp/product/vga/NX7900GTO-T2D512E.html

MSIから発表出ました
そろそろ予約を受付たりする店も出てきたりしてるらしいので
手に入れるなら要チェックでしょう

アイスソード

ついに念願の

7900GTOを手に入れたぞ!


正確に言うと、注文していた商品の確保ができそうとの連絡が今日来た!
わっほーう!久々にわくわくしてきた

7900GTOという名前は、聞いたことが無い人がほとんどだと思います
かくいう私もつい最近知りました
実はこのカード、まだ販売はしていないのですが、巷では噂の新カードなのです

・hermitage akihabara
 …『「7900シリーズのラインナップが全て吹っ飛ぶ」 (9/15)

上記のサイトの9/15の記事を読んでいただければわかるのですが
この7900GTOというカードはDELL向けのOEMのみで生産してたようなのですが
グラフィックカードベンダー、MSIの20周年記念という事で、特別に数量限定で出回るとの事
噂では国内で限定200個しか入荷しないという話なので、入手性はきわめて困難であろうと思われます
しかし!なんといっても、性能が7900GT<7950GT<7900GTO<7900GTX で価格が35000円
7950GTより安い!

つまり一言で言うと、高性能なのに安いレアカード!
ということなのです

これは手に入るなら是非ほしいなぁと思って、近々ブログにも書こうかと思っていたところだったのですが
今日ふらっと寄ったTWOTOPで、なんとなく入荷しないかどうか聞いてみたところ
「だめもとで注文しておきましょう。入荷できなかったら諦めるしかないです」
と、まず無理でしょうね的な雰囲気で注文する事に
しかし、その日のうちに電話がかかってきて、なんと確保できそうとの事

ラッキー!

入荷は十月上旬(噂では10/6)らしいので、wktkしながら待とうかと思います
さてこのカード、発売自体はまだしていないし、予約を受け付けているショップも今のところないと思われるので
入手するチャンスはまだまだあると思われます
興味がある方で、特に東京在住の方は、その気になれば手に入れる事はできるかもしれないわけです

私は入荷できなくなりましたなんていう悲しいお知らせが来ないように祈りながら10/6まで首を長くして待とうかと思います

BF2142 beta

ベータ遊んだのちょっとだけなんですけど、軽くレヴューを


bf2142_1


 

突然ベータプレイヤーの増員が発表されたので、参加できたのは幸運でした
しかし、公式のクライアントのミラーはコード配布直後から激重になってしまい
落とし終わるまでに普通にやると相当時間がかかる状態でした(うん十時間とかかかる)
おそらくこの現象はDEMOが出た時も再現する、というかもっとひどい状態になること必須ですので、あらかじめBittorent等のP2Pでダウンロードできる環境を整えておくことをお勧めします

さて、ゲーム内容ですが
基本的な操作方法が前作のBF2を継承しているので、BF2プレイヤーは特に操作方法等を確認せずともプレーできるかと思います
ゲームのシステムもほとんど前作同様なのですが、若干の変更が加えられています
以前はMAP上に点在する旗を上げ下げすることによって陣地の取り合いを行うシステムだったのですが
今回は各地に点在するミサイルサイロ(発射基地)を取り合うことになります

なんだ、旗がサイロに変わっただけじゃないか、と思うのですが
なんとそのサイロを占領すると、一定時間ごとにミサイルが発射されるのです
そしてそのミサイルが、敵の拠点であるタイタンに向かって飛んでいき
ある程度の攻撃を加えることによって、タイタンのシールドが破壊され、タイタン内部に侵攻できるようになる
そしてタイタン内部を制圧した方が勝ち

という以前より若干複雑なシステムを採用したようです

又、BF2は現代戦ということで、登場する兵器も実在のもの、今現在配備されているようなものがゲーム内に登場していたのですが
タイトルのとおり2142は近未来戦になり、登場する兵器は全て架空のもの
例えば二足歩行ロボ(強化外骨格?)やホバー戦車、また歩兵も光学迷彩を使用できたりと現実世界の枠にとらわれない武器を使用できます

さて、ゲームのプレイフィールとしましては

まず重い
というか、出来上がってない感がひしひしと感じられました
とくにタイタン周り
このタイタン、SSが取れてないのでお伝えしにくいのですが
巨大な空中要塞なのです、浮いているのです
しかもそれ自体が移動します
内部もそれなりに複雑な構成を持っており、このタイタンが近づくと、重くなったり、止まったりとなにかと不具合が起こります
また、タイタン内部にいても、壁が突然透明になってしまう不具合などが発生して、どうもよろしくない

すこーし処理的に無理をしているなぁと素人ながら思わされました
動いている物の上を物を動かすってのは結構難しいんでしょうね

ですからタイタンに絡んだ部分はあまりよくわからないんです
そもそもプレイした時間も短かったので
タイタン内部で制圧したりされたりってのは体験できませんでした
残念

そんなわけですからもっぱら地上を這いずり回っていたんですが
以前と比べて乗り物が脅威になりにくいような感じを受けました
これは好印象でしょうか
二足歩行ロボに乗れなかったのは残念でした、ガションガション動いてるのを見かけると面白かったです
ヘリの操縦は以前より簡単になったと思うのですが、乗り物全般が妙にもろいせいか、使い勝手は良くなかったと思います
装甲車や戦車はホバーじゃないタイプのものはなぜか走行するだけで耐久が減少するという珍現象が起こりましたし(多分バグ)

それでも果敢に戦車や車両に乗り込んだのですが
基本的に乗り物は乗り物と戦うようにバランスを取ったのでしょうか
戦車は主砲は自分で操作できるのですが、機銃は一人では扱えないので歩兵をキルしにくいです

歩兵に関しては、アンロックシステムが強化されて
デフォルトの武器がすごく弱い・・・
アサルトのライフルとか射撃音からして貧弱なんですね、パララン パラランって感じで
だからしっかりやりこまないとちゃんとした武器をもてないようになってしまったように思います
光学迷彩などもアンロック扱いです

とりあえずベータの感想はこんなところです
久々に長い文章を書いたので終盤で疲れましたw
とりあえずまとめると

まだまだ未完成だったが、近未来の雰囲気は楽しめた
タイタン周りや、兵器等、もう少ししっかりつめてもらって
DEMOが出たら再評価しましょう

って具合です
以上です

bf2142_2

個人的Geforce7比較

以前G80(Geforce8x00系)を待ってると書いたんですけど
先日、BF2142のデモをプレイしてみて、ちょっと今のPCに力不足を感じてきてしまいました
そんな中、つい先日発売されたGeforce7900GSの情報をだらーっと見てると
なんか物欲が刺激されてきちゃったんですね

それでよく考えてみたんです


まず、G80を待つことは得策なのだろうか、と
私がG80を待つ理由は

どうせ買い換えるなら来るべきVista&DirectX10世代のGPUに換装したい

という理由からなのですが(R600=RadeonX2000ももちろん様子見)
Vistaはおそらく発売は来年一月、もしくはそれ以降となりそうなんですね
そしてDirectX10はVistaでしか使えない
そうなると必然的に、DX10世代のGPUが意味を成すのもそれ以降
さらに言うと、DX10の機能をふんだんに使ったゲームが開発されてリリースされていくのはもっと後となる
Crysisだけはかなーり早くに(ひょっとするとVista&DX10より先?)に出そうなんですけど
そのためだけにDX10世代にこだわる必要が一体どれだけあるのかと

そう、考えると7900GSが実に魅力的に思えてくるんですね
PCの力不足は結構感じてきてますし

で、情報をまずそろえてきてみたんです

http://www.4gamer.net/news.php?url=/review/geforce_7900_gs/geforce_7900_gs.shtml
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0609/06/news113.html

まず性能面なのですが、これは全く申し分が無いのです
1ランク上位になる7900GTとそれほど差が無い
むしろうまくオーバークロックすれば、定格の7900GTぐらいは超えられそうな差だと私は思います
もしパイプライン復活ができたりしたら・・・という楽しみもあります

次に価格面なのですが、まとめてみました

7950GX2 73000
7900GTX 57000
7950GT  40000強(不明)
7900GT  35000
7900GS  27000
7600GT  22000

価格はおおよそなんですが、大体こんな感じなんですねぇ
性能は値段の高いものから順番に高性能になります(比例はしないが)
現在使用しているのが、6800GTを6800Ultla相当にOCした物で
これは大体7600GT相当~ちょい下あたりになるという事
そうなると当然それよりも上のランクの物を選ぶわけなんですけども

正直7900GTXより上のクラスになると、5万を超えてきてちょっと選びにくいんですね
DX10世代にこだわる考えはもうあまり無いのですが
目の前にDX10が来てる状態で、DX9世代のGPUに投資するにはちょっと額が大きい
そうなると7950GT~7900GSあたりになるわけなんですが
7950GTはリファレンスカードでグラフィックメモリが512なんですね
それに対して7900GTはリファレンスだとグラフィックメモリが256になります、上記の価格も256のモデルのものです
7900GTでメモリが512のモデルの価格は4000弱になるので、7950GTには少しお得感があります
さらに、7950GTは7900GTよりも二割ほど高速っぽい(参考)ので、これら考えてもやはりねらい目

また、7900GTはGSより二割ほど値段が上がりますが、4亀のベンチの結果を見た感じでは二割も性能差があるとは到底思えないので、これもお買い得感があります

これらから考えて、やはり新製品の7950GTや7900GSがお買い得感があるなと思います
ただ、7900GSはまだ出たばかりで製品が充実していない
具体的に言うと、GALAXYのZalman製クーラー搭載のモデルがまだ発売されて無い(Zalman製クーラーだけで5000円ぐらいするが、予価は28000円程度、OC耐性に期待できそう)
7950GTに至っては発売すらまだという状態

ということなので
少なくとも7950GTが発売されるまでは様子を見たいと思います
あぁ~マウスも欲しいなぁ

続報

なぜかフライングスタートでゲットできました

既に配布は始まっていますお急ぎを

BF2142速報

ワワワ忘れ物~、あうあ!

速報!速報!

http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.09/20060908152610detail.html

という事で、三時までガチで待機しないといけませんねこれは

GameSpyのアカウントの取り方が少し分かりにくい気がするので補足
GameSpyのサイトを開いたら左の下の方にLog Inってあると思いますので、そちらをクリック
多分あとは分かると思います。ログインの位置が見つけにくかったぁ

Xfire

http://www.4gamer.net/news.php?url=/weekly/kaito/093/kaito_093.shtml
ソーシャルネットワーク世代御用達ツール「Xfire」

これはむちゃんこ便利ですねぇ
結構ゲームをウィンドウモードで遊びたいって人が私の周りでは多いんですが
理由としてはメッセンジャーやIRCでの応答が行いやすいからなんですよね
そういう人はきっと世界中に山ほどいると思うので
その問題をスマートに解決してくれるXfireは画期的なツールですよね

日本語にも対応してくれたらぜひ導入したいソフトです

PSU続報

「ファンタシースターユニバース」で,今何がおきているのか
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.09/20060904235532detail.html

続報というか、4Gamerさんがとても怒ってらっしゃる
言ってる事は全面的に同意なのでとくに何も言うことは無いです
とりあえず今後の対応を見守ってからPSUの購入は考えましょ
もうすぐBattle Field2142も発売される予定ですしね

こっちはまず出たら買うでしょう
それと同時にグラフィックカードも新調したいので
早くnVidiaのG80(Geforce 8x00系)の情報が欲しいものです

PSU障害 強制βテストへ

「PSU」ネットワーク障害,再開は9月6日。9月末日までは試験サービス
http://www.4gamer.net/news/history/2006.09/20060904165234detail.html

ものすっごいぐだぐだぶりですね
鳴り物入りでの登場だっただけにこの失態は痛いでしょう
特にこういったネットゲーム特有の障害に馴れていないPS2ユーザーの不満が爆発している光景が目に浮かびます

買おうかなぁどうしようかなぁと思っていた私としては

様子見で正解でした

という事ですね
とりあえず10月まで見守りましょう

DirectX10世代のバランス

NVIDIA,DirectX 10を利用したエフェクトの実例とパフォーマンスの秘密を解説
http://www.4gamer.net/news/history/2006.08/20060831224056detail.html

早速気になった情報をチェック
DirectX10のエフェクト実例について書かれていますが、一見するとゲーマーには大して役に立たない情報です
しかし、注目すべき事は「GPUのみで~~ができる」
という記述がいくつもあるという事です

もう既にその流れはあるのですが、今後はゲームのパフォーマンスはCPUではなく、より一層GPU依存になっていくのではないでしょうか
つまり、CPUにお金をかけるより、グラフィックカードにお金をかけたほうがよさそうという事です
昨今流行の物理演算も、どうやらGPUでやってくれるようになりそうなので(参考

今後はゲームにおいてCPUの仕事ってのが減りそうだなと思うわけなんです
仕事が減った分、別の仕事を与える、例えばBOTが賢くなったりとか
そういう風により進化していくならば良いのですが
やはり単純にグラフィックスを綺麗にする方が楽っちゃ楽ですから

Vista時代のPCはCPUそこそこに、グラフィックカードは豪勢に、こんなトレンドになるんじゃないでしょうか

Home > 2006年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。