Home > 2006年10月

2006年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

見えてきたG80

PINUPS - 上田新聞 blog版: GeForce 8800 GTX/GTSの基板の写真
http://nueda.main.jp/blog/archives/002373.html

PINUPS - 上田新聞 blog版: ASUSのGeForce 8800 GTXの写真と値段
http://nueda.main.jp/blog/archives/002370.html

とうとうG80ことGeforce8800が発売間近のようです
性能は単体で3DMark06で一万超えとの事なのでまさに怪物級ですが
発熱の方も怪物級のようで

なお、ある関係者によると「発熱は“RADEON X1950 XTX”よりちょっと熱い程度らしいです」ということで十分熱いと思われる。

エルミタージュより引用

との事です(;´Д`)
なかなか皮肉が利いてて良いコメントです
爆熱カードはちょっと嫌なのでこれは見送りですね

DirectX10に関しても
DirectX10.1が出る事は既定路線のようなので
そちらに対応した”真のDX10世代”が出るまでは個人的には待ち
プロセスルールも65nmぐらいにもうすぐなるでしょうしね

Vistaは11月から

ITmedia +D PC USER:VistaのアクティベーションはXPを踏襲──マイクロソフトがVistaとOffice 2007の価格を発表
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0610/26/news066.html

VISTAのアクティベーションが構成を変更するだけで通らなくなるという噂がたっていたので、一応安心でしょうか
とうとう来月企業向けには発売ですね
一般向けが1月だし、それまでにしっかり様子見できそうな感じです

DirectX10を使用したゲームが出てくると
XPでは遊べなくなってしまうので、ゆくゆくは乗り換える事になるのでしょうが
それだけに安定したOSであってほしいです
ゲーマーにはVistaの出来は重要ですよー

FE0

「ファンタジーアース ゼロ」,3000人のクローズドβテスター募集開始
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.10/20061023182653detail.html

という事で応募してきました
以前はβの時に必死で応募したにもかかわらず全滅してしまった苦い思いでがあるので
今回は素直に一通だけ

どうせ外れても無料化されるんだからいつか遊べるしね
新作というわけでもないから、先行して遊べてもそこまでメリットがあるわけでもないし

当たればラッキー

Cabal一日で死亡

4亀曰く「カオス」と。


MMORPG「CABAL ONLINE」のオープンβテストが一時停止にhttp://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2006.10/20061013121613detail.html

実は私も昨日やってみようとしたんだけど
上記の通り

>公式サイトは開かない,クライアントはダウンロードできない,クライアントを入手したところでゲームに接続できない……など,まさに“カオス”といった状況になっていた。

でした。はい
流石にこれはない
もうやってみようとすら思わないし

この運営は所詮この程度、自社の新作ゲームのOβなのに満足なサーバーも腰囲できないなんて・・・
自分たちの新作によほど自信がないんでしょうかね
それほど注目作というわけでもなかったと思いますが、それでも落ちてしまったサーバー
よっぽどしょっぱい設備だったんでしょうね

チヨタヌを思い出しますね

バルセロナ

早くも時代はQuadCoreへシフト

後藤弘茂のWeekly海外ニュース
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1013/kaigai311.htm

Intel、AMD共に既にQuadCore(4コア)へのシフトを始めています
Intelは一足先に年内に投入だったかな?
たしかCore2Quad Xtreamとかなんんとか

流石に4コア時代になったら、シングルコアではつらいだろうなぁ
4コア世代にはまたマシン一新になりそうです
でもまだソフトウェアの方の対応は進んでいないような気もしますが

リアルオフラインに脳波コントロールが実装

夢の未来はそう遠くないのかもしれない・・・

 


http://www.guru3d.com/newsitem.php?id=4440

脳だけでインベーダゲームをプレイした
って内容です
この技術がすすめば

電脳ハックもナーブギアもマトリックスもファンネルも実用化できる!
あぁなんという未来
長生きしなくちゃ

SAOを死ぬまでにプレイしたいです

BF2142 Walker

共通テーマ:
Battlefield 2142 テーマに参加中!

ガシーンガシーン
いい画がとれたよ

 



なかなかいい動きしてますねー
光学迷彩やらもDEMOで試したいんだけどなぁ・・・

Titan

共通テーマ:
Battlefield 2142 テーマに参加中!

EAのマスターサーバーが落ちていて2142がプレイできません
仕方が無いので更新(?)


さて、前回はConquestモードを紹介したのですが
今回はBF2142の目玉Titanモードの方へ行ってみましょう

さて、まずTitanモードなのですが
このモードでは、Conquestモードで言うところの旗がミサイルサイロに変わり
新たにTitanという空中要塞が登場します

目的は敵Titanの破壊
EUとPAC両軍が自軍のTitanを守り、敵のTitanに侵攻します

両Titanにはシールドが張ってあり
サイロを確保し、ミサイルで攻撃することによって徐々にシールドが減衰
シールドが完全に無くなれば内部へ侵攻可能となります

大体の流れはこんな感じ
SSを交えて実際の感じを見てみましょう

頭上のタイタン


 

これがタイタンです
むちゃんこデカイうえに動きます
機銃もついているし、中に部屋があったり、コアがあったり、ヘリが積んであったりします

ミサイルサイロ確保


 

こっちはミサイルサイロ
確保するとまず一発、あとは一定時間ごとに発射されます
序盤のサイロをめぐる攻防はConquestとなんら変わりません

コマンダー画面


 

こちらはTitanモードの時のコマンダー画面
BF2との違いはEMP STRIKEとMOVE TITAN
あとARTIRALYが無い事でしょうか
Titanを動かせば地上や空中に対して砲火ができるため、砲撃が無いのだと思います

左舷!弾幕薄いよ!なにやってんの!とかもできます

EMPは超電磁攻撃です(?)
電磁波みたいなのを発生させて、機械を止めてしまう兵器です
マトリックスでも確か出てきましたよね

MOVE TITANは文字通り
好きな位置にタイタンを移動させます
移動させるといろいろ不具合出たりしますがw

ゲーセン


 

これは機銃座です
通称ゲーセンw
まさに見たまんまですね
激戦区にタイタンがたどり着くとゲーセンは大人気になります
中には殺してでも奪い取ってしまう人まで居て困ったり

APC


 

さて、地上に戻りまして、こちらはAPC、装甲車です
今回はこいつは空中にポッドを射出することができます
そのポッドでぶっ飛んで敵のTitanに殴りこむわけです
というわけで

ポッド射出



ぶっとんでみたのがこちら
空中で若干の軌道修正ができるので
わりかし思った場所に着陸できますが、あやまって地面まで舞い戻ってしまう事もしばしば
あと、右側に見えるシールドみたいなところに触れると即死しますw

WARNING


 

そして、Titanに殴りこんでコアをぶっ壊すと、敵のTitanは爆発します
だから逃げるのです、全速で
ぼけっとしていて、Titan破壊のシステムメッセージを見逃すと心中することになります

タイタン脱出


 

この辺まで来るとみんなノリノリです
わたしはさぁ飛び降りるぞ!ってところでタイムオーバーになったりした事もありますが(;´Д`)

ぶーん


 

無事間に合うとこんな感じにぶーんできます
もちろんパラシュート持ってるので自殺ではないです
ここまでやり遂げると結構爽快。まるで映画のようでございます

タイタン破壊


 

デストローイ!

とまぁ、Titan内部のSSを用意してなかったりしましたが
大体こんな雰囲気です
サイロの守備や攻撃、タイタン侵攻、防御、いろいろとやることがあり、隊長やコマンダーは戦術に幅が出ますね

一箇所に人が集中しないのは良い事でもあり悪いことでもありますが
全体としてTitanモードは面白いです
こういうゲームがあったらなぁ・・・っていうのをそのまま形にしたような感じがします

あとはプレイヤーがこの複雑なルールを理解して遊べているかですが
これが意外と理解してない方が多いのがDEMOの難点と言えば難点なんでしょうねw

どうやら製品版の発売日も20に決まったようですし
それまでに一度は触れてみる事をお勧めします

7900GTOのパフォーマンス

さて、7900GTOをせっかくゲットしたんだから
これは回して遊んでみるしかない!

ということで


さっそく回して遊んでみました
もちろん目指すは7900GTX化
でもその前にひとまず旧環境でベンチも走らせておこうと思い
一通りのベンチを走らせ、改めて新環境とベンチで比較をしようと

思っていましたが!

手違いでベンチのスコアを記録していたテキストを消してしまいましたTT
取り付けなおすだけでも結構めんどうなので、記録が残っているものだけを記載しようかと思います・・・

とりあえず環境

[CPU] Opteron144 @ 2.4Ghz (Athlon64 4000+相当)
[クーラー] XP120 + 12cmファン @ 1500rpm
[メモリ]PC3200 1G*2
[M/B] AX8-3rd Eye(K8T890)
[VGA]WinFast PX6800GT TDH -> NX7900GTO-T2D512E
[Sound] Audigy2 Value Digital Audio
[HDD] HDT722525DLAT80
            HDS728080PLA380
[光学ドライブ] ND-3520A
[FDD]忘れた 確かミツミ
[ケース]OWL-602D IV
[電源] SS-500HT
[Mouse]MX-510
[Keyboard]忘れた
[スピーカー]無し
[OS] Windows XP Home SP2
[モニタ] RDT195V
[Force Ware]91.45

こちらがテスト環境
半変態な構成な気がします
マザー、CPU、VGAらへんが

さて、旧環境でのベンチ結果をまず
3DMark06 2464
3DMark05 5106
FFBench 6000ちょい(参考)

3DMarkはSSが残っていたので正確な数字です
FFベンチは過去に行ったベンチの結果からの予測値です
今回のテストでは6800GTは定格でテストしたのですが
以前はOCした状態でのテストだった事、ドライバが一致していない事
などから、あくまで参考値

さて、そして新環境での結果は

Core650 Mem1320
3DMark05 9737
3DMark06 4846
FFBench 7778
ゆめりあ 34582

定格でのテスト
予想していた以上にスコアが上がりました
特に3DMark系で二倍弱のスコアアップとなりました

Core700 Mem1600
3DMark05 10467
3DMark06 5189
FFBench 7830
ゆめりあ 54067

そしてOC
7900GTXの定格である650-800は普通に回ったので
コアをさらに650→700へOC結果はご覧のとおり
何気にゆめりあベンチの値が素直にVGA同士の力の差を見るには一番よいですね

しばらくはこれで常用してみようかと思います

7900GTO 確保

先日ゲットする事ができました7900GTO!

 


今日はあまり時間が無いので
写真だけ貼ってみようかと思います

箱



見てのとおり、箱です
後ろにちらっとPC写ってますねw
右がブラウジング用、左がゲーム用です
本邦初公開?

カード


 

カードです
シンクのでかさに驚きました
6800GTのそれとくらべると二倍くらい大きくなったんじゃないかな
その分冷却に関しては安心感があります

ケース



ケースに組み込んでみた図です
これでも配線はそこそこ綺麗にしてるほうだと思うんですがどうでしょうか

バンドルのゲームはついていなかったです
性能に関しては・・・また明日にでも

Home > 2006年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。