Home > 2008年11月

2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ゲームの競技性について

最近ゲームについてちょっと考える機会があったので
なんとなくそれを語ってみようと思います

今私は、ギルドウォーズというゲームをプレイしているんですが
他のゲーム、例えばFEZやGunzなんかに誘われたりする事があります

FEZもGunzも以前プレイしていた事があるのですが
今誘われてもなかなか食指が伸びません

私もFEZやGunzはやっていたので、ゲームの内容は分かります
それなりに楽しく遊んでもいました
そして飽きて辞めました

GWも実はそうで、サービス当初に初めて
何回も休止したり復帰したりしています

同じように対人対戦もののゲームなのに
なぜGWは何度も復帰して、他は誘われても心が惹かれないんだろうか

一つには、対戦というものに対する考え方なんじゃないかと思います

例えば、FEZですが
ある戦争で負けたとします
私は負けると悔しいので、なぜ負けたのか、どうすれば勝てたのか
なんて事は結構終わった後に考えます
自分の動きが悪かった。あの時にああしていればよかった
それならば次に繋がりますよね。モチベーションも負けても下がりません

でも実際に起こる問題として
人数が少なかった、味方の平均レベルが相手より低かった、味方の動きが悪かった
なんて事が起こりますよね
そんな時私はどういうアクションを起こしたらよいのでしょうか

味方にアドバイスしたり、指示をしたり、自分が行動したり
出来る事はあると思いますが、果たしてそれが次の戦いにどれだけ役立つのか
私が出した指示やアドバイスは次の試合に教訓として生かされるのか
これはこのゲームに関してはNOだと思います
次の試合に同じメンバーで臨むかも分からない、人数やレベルなんて手の出しようも無い

自分の影響の及ぼせない事で勝敗が決してしまいます
そして私は、必死にやればやるほど空しさが増してしまい、飽きてしまいました

Gunzに関しては、また別の問題を強く感じていました
それは、技術ではない部分でついてしまう差です
ようするにレベルや装備の差ですよね

例えば野球の試合があるとします
片方はよく飛ぶ金属バット、片方はぜんぜん飛ばない木製バット
そんな野球は面白いですか?っていう疑問です
同じ力の者が試合して、その勝敗を決めるのは道具の差だったら
私はそんな試合には興ざめしてしまうのです

Gunzで試合に負けたときに、私がすべきアクションが
より弱い相手を「狩って」レベルや装備を上げる事
そんな事が起こってしまうのは私にとってとてもつまらない事なのですよ

e-Sportsという言葉があります
競技として技能を競うのに十分な要素を持ったゲームを用いて試合をするって事なんですが
つまりはそういう事なんだと思います

ゲームでありながら、しかし競技なんだという気持ちが根底にはあるんだと思います

しかし誤解しないでほしいのは
これはあくまで、私がそういう考えを持っているというだけであって
この考えが正しいからGW以外は糞って言うつもりは全く無いんです
あくまで「私は」そういうスタンスだって事です

ただ私は、例えゲームであっても
プレイしてる間は真剣に勝負して、勝っても負けても納得をしたいと思ってます

Home > 2008年11月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。