Home > スポンサー広告 > これからの注目作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/123-21868c98
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > スポンサー広告 > これからの注目作

Home > どーどーぶろぐ > これからの注目作

これからの注目作

「最近以前よりも少し忙しくなった」という事をすこし前のエントリーで書きましたが、今現在もその状況が続いています
そしてこれからも当分この状況が続いていくと思います
というより、以前が時間に余裕がありすぎただけかな。一般的には今の状態ぐらいが普通の状態なんだと思います

しかし人間というのはおかしなもので
一旦余裕のある生活に慣れると(具体的に言うと24時間営業で暇な日々)、すこし忙しくなっただけで、ずいぶんと時間に追われているように感じてしまうものです
実際にはゲームをする時間も更新する時間も十分にあるはずなのに
なんだか時間が無い気がしてしまってできないのです

しかし、そんな私でも毎日必ずやっていることがあります
それは情報収集です

どうも私は情報を集めることが好きなようで
何かゲームをする時でも必ず各種サイトなどで情報を集めますし(いかれ情報屋と呼ばれたこともあったり)
新しいゲームの情報やPC関連の情報も毎日チェックしています
あと個人でやってるブログ(もちろん私以外の方がやっているもの)も毎日チェックしています

そこで今日は、いつもと趣向を変えて

今後出るおもしろそうなゲーム情報

を個人的にまとめてみようと思います


はい、ということでこれから数作を挙げていこうかと思います

せっかくのWebなので一つ一つのゲームに関するリンクを張っておこうと思います
ただ、まだサービス開始していないゲームを紹介するので、公式サイトをはってもあまりよくわからないと思うんです
そこで今日は4gamerのリンクを張っておこうと思います、興味のある場合はそちらからどうぞ(プロの記事のほうが何かとわかりやすいし

MMORPG

Tabula Rasa
UO(ウルティマオンライン)で有名なリチャード・ギャリオット氏が手がける新作MMORPGということで注目作
私個人が注目している理由は実はそこだけだったりする
私には、UO全盛期にUOをプレイできなかったという悔しい思い出がある(相当やりたかった)
その過去を捨て去るためにもプレイしなくてはいけない作品
ただ、大幅な仕様の変更が行われたり、詳しい内容が公開されてなかったり、UO2の開発がキャンセルになった経緯があったりで
いつ出来上がるのかが全く不明、のんびりと待っていこうと思っている

The Lord of the Rings Online:Shadows of Angmar(LotRO)
指輪物語(ロードオブザリングス)が主題のMMORPG
あの映画の戦闘シーンがものすごく印象に残っていて、もし映画のシーンみたいな戦闘ができるゲームがあったらいいなぁなんて思っていたら本当に開発されているということでちょっと期待
世界観もファンタジーの王道だし、その点では間違いはない
ただ、映画の成功の勢いだけで出てしまうゲームが結構あるので
そういった類のゲームだったらハズレにもなる可能性があるので諸刃の剣
しかしそれにしては開発に時間がかかりすぎか

Warhammer Online: Age of Reckoning
Warhammer 40k Dawn of  War(RTS)でその圧倒的な世界観に惚れてしまったので、この作品にも期待せざるを得ない
実はWarhammerとWarhammer40kは別物なんだけど、片方がよければもう片方もよいだろうという、信頼性に乏しい考え
多分日本展開はしないだろうから、もし遊ぶとしたら英語版で外人と遊ぶことになるだろうけど
そういうのもたまには良いんじゃないかなと思う

R2 - Reign of Revolution
最近出てきた新作
アクション要素が強く、独自の要素をかなり盛り込んでいるということで注目している
どうやらPvP、それもギルド戦(攻城戦?)を中心としたMMORPGになるらしい
個人的には、戦闘時にほかのプレイヤーやモンスターのレベル、HPのほか、与えたダメージの大きさなどが一切表示されないという仕様に好感度大
むしろ、なぜこういう仕様のMMORPGが無いのかが不思議だった
不安点は、「功名の補償システム」と呼ばれるシステム
これは簡単に言うと、戦闘によって得られる経験値の一部をマスターが天引きし、任意にメンバーに与えられるというシステム
ギルドの円滑な運営に役立つと言っているけど、むしろマイナス方向に作用するのではないかと思う
グラフィックスが綺麗だ!というのも売りらしいけど、ムービーを見た感じではそこまで綺麗でもないかなと思う
むしろキャラクターの走り方がかなり不自然だった事が印象に残った
最後一つ不安点、「韓国産ゲーム」だということ

・FPS

バトルフィールド2142
バトルフィールドの新作、今度は未来が舞台になるらしい
BF2が非常に人気が出たし、個人的にもおもしろいとおもったので、その次回作なら一定のレベルまでは補償済みだろうという安心感がある
気になる人はぜひムービーを見て欲しい
攻殻機動隊が好きな人はビビっとくるんじゃないかな
今年の秋に出る予定なので、もし予定通り来るならそれにあわせてVGA買い換えようかなと思う

Crysis
Farcryでヒットを飛ばしたデベロッパの新作ということで注目作
こちらはDirectX10時代の作品になるので、プレイできるのは大分先になりそう
このゲームのムービーだけはぜひ見て欲しい、私は気絶しそうになった
ゲームのおもしろさはグラフィックの美しさじゃないってのは分かっている、それでもこのムービーを見るとぐっと心を引かれてしまう
これが出る頃にはDX10はもちろんのこと、WindowsもVistaな時代に突入するのかな
一体ゲームはどこまで進化するんだ!

注:このムービーは再生にそれなりにマシンパワーを要するようです。うちのサブマシン(AthlonXP2500+ Mem512 オンボードグラフィックチップ)ではかなりコマ落ちしてしまって見るに耐えませんでした
ビデオのサイズは1280*720でビットレートが6Mbpsのようです

その他

R2BEAT
気軽に遊べそうな音ゲー
息抜きのゲームとしては良さそうな感じ
ビーマニ風のゲームは既にあるけど、ムービーを見た感じではこちらのほうがオンライン向けに仕上がってる感じがする
うわさによると何かのパクリらしいけど

韓国ではよくあること

テスターをちょうど今募集しているようなので、気になる方はチェック

Gambledon
気軽に楽しめそうなテニスゲー
息抜きの(ry
こういうたまにパッとやって楽しめるようなゲームをいくつか”ストック”しておくといろいろと便利
ムービーを見てみた感じでは、玉の跳ね方に若干違和感を感じだけど、プレイしてみないとわかりません
上の音ゲーと共に、いかにも基本無料のアバター課金なゲームなので、そのうちプレイしてみることは間違いないと思う
しかし、長時間はまるほどのゲームではないだろうなとも思ってる

R2BEATGambledonField Ops
FPSにもなるRTSらしい
ムービーを見てみると確かにRTSとFPSを行ったりきたりしている
やはりプレイしてみないとなんともいえないけど、おもしろいアイデアではある
ただでさえ手が忙しいFPSとRTSを足して、操作がどうなるのかというところが見所かな

 

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/123-21868c98
Listed below are links to weblogs that reference
これからの注目作 from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > どーどーぶろぐ > これからの注目作

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。