Home > スポンサー広告 > All for one , one for all.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/150-88ec810f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > スポンサー広告 > All for one , one for all.

Home > どーどーぶろぐ > All for one , one for all.

All for one , one for all.

今日は少し考える出来事がありました


GvGでの出来事でした
私はその日はヒーラーをやっていました
理由はヒーラーが足りなかったからです
まぁそれは良くあることなので別に問題ないわけです
ヒーラーも別に嫌いじゃないし、誰もやらないってわけにはいきませんから

ヒーラーやってると、他のジョブでは見えないものが結構見えてきます
あの人はいつも突出しすぎるなとか
あの人はいつも消極的すぎるなとか
あの人の死因は○○だったせいだなとか

プレイヤーの生死にかかわる部分はかなり敏感に感じとれます
それは別に私が特別なわけでなく、プレイ中のほとんどをPTウィンドウのHPバーを見て過ごすわけですから、
他の多くのヒーラーの方も感じ取れていることだと思います
もちろんヒーラーだけでなく、他のジョブをしていても試合中に感じることというのは沢山あると思います

そして試合で負けた後
私はそのことについて言います
自分が気づいたこと、こうした方がいいと思うことはできるだけ言うようにしています
もちろん私が言うことが正しいわけではありません
あくまで自分の意見として言います

それについて
きっと不快に思っている人も居るのではないかと思っています
なぜこいつは仕切りたがるんだ、人のプレイにいちいち口出ししてほしくない
そう思われてもまったく不思議はないです

それでも私は意見を言います
やかまれるのはしかたがないと割り切って、あえて言いにくいことも言います

そうやって反省点や改善できる場所は改善していかないと
次の試合でさっきよりいい戦いができないからです
負けるのは別に構わない
でも負けたらそこで得たものを次に生かさないといけない
そうしないと試合をする意味が無いと考えます

人間と人間との戦いです
ゲームとは言え勝敗がつく戦いなのです
普通は負けるより勝ちたいでしょう、負けることが好きな人はそういません
むしろ勝ちたくないならGvGをする資格は無いと思います

話を戻します

試合が終わった後、私は言いました

○○さんHPいくつ?

先の試合、その人の死に方だけ他の人と違う
相手がスパイクビルドでもないのに突然HPバーが消滅するような死に方をする
試合中に感じました、この人はスーペリアルーンを張っていると
そして思いました、もし体力があと50あれば救えるのに・・・と

○○さんのHPは440、ヒーラーの私が530であるのに対して90も少ない
そこには決定的差があります、90といえばスパイク一発分、その90で生きるか死ぬかというシーンが実際にありました

私は「スーペリアルーンを張るのをやめて欲しい」といいました
特に理由が無い限り、HPをむやみに下げるのは良くない
何も対策せずにただ単にスーペリアを張るのはやめて欲しい
一人の生死はチーム全体の勝敗を分けます
GvGで戦う時に一番してはいけないことは死ぬことです
これは断言できます

○○さんはこう返しました

火力を上げるためにやっている、これは俺のやり方だから変えたくない


その時私とその人との間に共通した認識が無かったのだと気づかされました
私はチームの勝利の為に自分自身を柔軟に変えていく必要があると考えていましたが
ですからヒーラーが足りなければヒーラーをしますし、MassRでやってみようという事なら相応のビルドを考えてやってみます
しかし、どうやらその方にはそういった考え方は無いようです
自分は自分のやり方がある、このビルド、このジョブ、この装備、この特性は自分の管轄であり、他人の干渉は許さない

正直うんざりしてしまいました、怒りすら覚えます
自分のやり方、自分のやりたい事をどうしてもやりたいならGvGじゃなくてTombでやって欲しい
別にスーペリアルーンを張ることをどうこう言ってるわけじゃなく
ただ自分がやりたいことをやるためだけにやらないで欲しいのです
スーペリアルーンを張ってHPを下げるなら、55Monkのように何かしら意図をもってやってもらわないと
ただ単にヒーラーと周りのメンバーの負担が増えるだけのことを考えもなしにやらないで欲しい
スパイクビルドでもないのにたった一人のEのダメージが10や20上がったところで何の役にも立たない

そりゃやってる本人は高ダメージが出せて気持ちいいでしょう
しかし、他の人なら死なせないシーンで死なれてしまうヒーラーの気持ちや
その人が死んだことで引くしかない状況になってしまった場合のこと
考えて欲しいのです

GvGで八人で試合をする場合
一人一人が自分のやりたいことをやっていては勝てないと思うのです
チーム全体で何か方向をもったビルドを組まないと
いつまでたってもRAのレベル、RAの試合内容から抜け出せないと思うのです
それを拒む人が一人でも居るなら、私はそのチームでは戦えません

All for One , One for All

皆は一人の為に、一人は皆の為に

チームというのはそうあるべきだというのが私の信念です
ここを見ているGWプレイヤーの皆さん、又、他のゲームをプレイしている皆さん
たかがゲームですけど一生懸命やってます、自分は
もしギルメンの方でこの文章を読んでしまった方が居たら、ご意見いただけるとうれしいです
ゲーム内でもコメント欄でも
もちろんそうでない方も意見などありましたらコメントください

まぁただの愚痴じゃないかといったらそれまでな話なのですが

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/150-88ec810f
Listed below are links to weblogs that reference
All for one , one for all. from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > どーどーぶろぐ > All for one , one for all.

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。