Home > スポンサー広告 > GBR9 Guild Wars

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/167-b3b00ef8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > スポンサー広告 > GBR9 Guild Wars

Home > どーどーぶろぐ > GBR9 Guild Wars

GBR9 Guild Wars

共通テーマ:
Guild Wars テーマに参加中!

いやー実に申し訳ないです

やろうやろうと思っていたんですが、やれば絶対時間かかると分かっていたのでついつい後回しにしてしまいましたヽ(;´Д`)ノ

何の話かというと、そうGuildWarsです!

以前ちらっとオープンベータに参加していることを話しましたが
実は時間が無いにも関わらずベータ中はしっかりはまってしまいまして
今ようやくレヴューを書いてみようと思い立ったわけです(現在既に正式サービスに移行しています)

そんなわけで久々にGBRなわけなんです、えー今1:30です

帽子屋



続きを読むからどうぞ!

 

GBR 第九回 Guild Wars Open β Test

まずはGuildWarsがどんなゲームなのかという話から入りたいのですが
ちょっと説明が難しいんですね、既存のオンラインRPGとは一味も二味も違うゲームなのですが
じゃあなんのジャンルなの?というと、うーんなんだろうねってな感じです

そこで!
今回はプロの力を借りることにしました

プロの力1
プロの力2

まぁ4Gamerさんにリンク張っただけなんですけどね
ちなみに1の方はGWの紹介が主に書いてあるので、GWってなによって方はこちらを
2の方はもう少し踏み込んだ内容が書いてあるので、もっと詳しく知りたいぜ!ってな方はこちらへ

 

あ、読み終わりました?
え?読んでない?OKOK、読まなくてもなんとかするって!

それでは改めてGWの紹介をしてみたいと思います
今回はなんとなく思いつきでQ&A方式を取ってみようと思います

Q:まずどんなゲームなのよ
A:一言で言うと「対戦型3DMO、MMO併用RPG」(長い)ですかね
今までのオンラインRPGは主にLvを上げること、Mobと戦う事をメインとしたものしかありませんでしたが(あえて言い切ってみる)
GWは対戦をメインに置いたオンラインRPGということで、画期的なゲームなんです

Q:開発はどこよ、チョンゲ?
A:開発はArena.netで、洋ゲーです
このArenaはBlizzard社のコアメンバーが立ち上げた会社です
Blizzardって言ったらPCのゲームでは超が付くほど有名な会社
主な作品はDiablo、Warcraft、Starcraft、World of Warcraftなどです
Blizzardはネットゲーム界ではとにかく有名でファンが多く
中でもDiabloは世界初のネットゲーム(だと思う)としてものすごい数が売れました
Nintendoのマリオと同じくらいBlizzardのDiabloはネームバリューがあるんです

Q:運営は?課金額はどうなってるの?
A:日本での運営はNCJです(リネのとこ)
このゲームは基本はパッケージ販売で、6000円くらいのパッケージ買ったらずっと遊べます
もちろんオンライン対戦もパッケージ買えばずっとできます
日本では他にも月額課金制も併用されます、こちらは980円
さらに拡張パックも出ますがこちらは値段未定だった思います
多分2000円くらいかな?
拡張パックは買わなくても問題ないです、欲しい人だけ買えばOK
ややこしいのでまとめますと

パッケージ買った人→ずっと無料
パッケージ+拡張版買う人→ずっと無料+拡張版の新ジョブとかが利用可能
月額制でプレイする人→月980円
月額制でプレイして拡張版もやりたい人→不明、多分980円据え置き

拡張版はまだ出てないのでよくわかりません

Q:このゲーム重い?
A:かなり軽いです

OS日本語版 Microsoft Windows(R)2000/XP
(Windows XP 64Bit版はサポート対象外です)
Direct XDirectX(R)8.1以上
CPUPentium? 1.0GHz以上(Pentium4 2.4GHz以上推奨)
メモリー512MB以上(1024MB以上推奨)
グラフィックカードATI Redeon 9000シリーズ以上
NVIDIA GeForce 4以上(VRAM64MB以上推奨)
サウンドカードDirectX(R)8.1と互換性のあるもの
ハードディスク容量2GB以上の空き容量
通信環境通信速度 256kbps以上

これが必要スペック。3Dゲームとしてはかなり低スペックでも動作します

Q:これってクリックゲー?
A:とんでもない!
GWの戦闘は非常にスピーディーかつテンポよく行われます
本当の意味での「多彩なスキルでの戦闘」が楽しめます
今だと合計480種あるスキルから任意の8種類を使っての戦闘になりますが
HPやEN(エネルギー、スキル使うのに必要)の回復が非常に早いため
8種のスキルをフルに使った戦闘が楽しめます
さらにスキルもただ単に攻撃するスキルのみではなく、妨害や状態異常などのスキルも多彩
そしてこれらのスキルにハズレというものは無いと言っていいです

この職ならこのスキルとこのスキルつかってればOK
そんなぬるい思考を捨て去る必要あり

Q:レベル上げとかマゾい?
A:実質レベル上げなんてしない
GWにはRPGモードとPvPモードという二つのモードがあるが、どちらもLvキャップ(上限)は20
さらにPvPモードの場合は、なんと最初からLv20のキャラクターが作成できるのだ

ではRPGモードでは何をするかというと、ストーリーを楽しみながらスキルを集める事になる
PRGモードで取得したスキルは封印が解除されて、PvPモードで作成したキャラクターで使用が可能になるのだ(アカウント単位で解除されるということ)
一見RPGモードの底が浅そうに見えるが、全然そんなことは無い
ストーリー仕立てのミッションを進めていくほどに世界が広がり、Mobとの戦闘が激しくなっていく
特に意識せずともLvが上昇していくし、RPGモード単体でも十分楽しめる完成度なのだ
ただし、全クラスのスキルを集めようとした場合は、RPGモードを三週する必要がある
それすらそんなに時間かからないけどね

Q:グラとかどうなん?
A:魅せ方がうまい

下のSSを見ていただきたい

GWFS1GWFS2

 

 

 

 

二つとも地下墓地という比較的序盤に訪れることになる場所だが、筆者お気に入りの場所
このゲームは必要なスペックからして、それほど重いグラフィックスではないが
それでもこれだけの見え方になっている
これは要するに、重い処理をせずにそこそこ美しく「魅せる」テクニックであり
この軽さと美しさの両立は流石だなと素直に感心したところでもある

Q:今何時よ
A:2:45です。がんばります

Q:お勧めの職ってありますか?装備とかやっぱりRPGモードで最強装備そろえないとPvPで雑魚でしょうか
A:そんなの無いから!
プレイヤーはキャラクターメイクの時点で6種類のジョブから2種類のジョブを選ぶ事になります(メインとサブ)
基本的にどのジョブにも優遇や不遇はありません
又、組み合わせにも優遇、不遇はありません
どんな組み合わせでも、スキルの組み合わせ次第では非常に強力になるだろうし
何も考えずにスキルを組んでいるとどんなジョブを選んだって一緒です
ただ流行のジョブ、流行のビルド(スキルの組み合わせ)はありますけど、常に移り変わるし、万能には成りえません
装備品などはPvPモードで最初にキャラクター作成した時にLv20に相応の装備が与えられます
みんな普通にそれ着て戦ってます
ルーンやスキルなど、ある程度やりこまないと揃えられないものもありますが

戦力の決定的差ではない!

Q:PvPっておもしろいの?
A:おもしろい人にはおもしろい、そうでない人はそれなりに
PvPモードでのPvPには4vs4ランダム、4vs4チーム、8vs8チーム、8vs8ギルドなどがあり、ルールも多彩です
それぞれの人数やルールで戦略も変わりますが、基本的には自分のビルドをどう組むか、どう使うかが重要になります
既存のMMOであった対人戦は、ただ高火力のスキルを連発して虐殺するものが多いですが
GWの対人では、一つのスキル、一つのビルドには必ずカウンターのスキル、ビルドが組めます

例えば、ウォーリアで転倒スキルを沢山組み込んで、転ばし続けて反撃&逃げる隙を与えない事を目的としたビルドを組んだとします
ところが、盲目などの状態異常で近接攻撃がほとんどあたらなくなってしまったり
移動速度を落とされてしまって近づくことすらできなくなってしまったり
しかしそういったスキルを防ぐ手段も用意されています
ですから8スロットをどのスキルで構成するかが非常に悩みどころ

さらに事前にチームやギルド単位でビルドを考える事もできます
一人のスキルは480種から8個のスキルを選ぶことになりますが
チームやギルド単位でビルドを考える場合
480種から8個を選ぶ通り*人数
分のビルドが組めることになり、まさに組み合わせは無限
全員で息を合わせる事によって強力な攻撃を繰り出すことが可能になります

ただし、あくまでも相手は人間なので、相手も同様に様々なビルド、構成を考えてきます
ですから

いくら頑張っても勝てない

という事が当然あります
Lvを上げれば強くなる、時間をかければ強くなる
というわけじゃないので、俺TUEEEEEなんて事はできないです
ですから向いてない人には向いてないです
でもゲームってそんなもんですよね普通は

Q:飽きやすいんじゃ?
A:そうかもよ?
一日何時間もずっとやり続けるタイプのゲームではないと思います
もちろんはまった人は何時間でもプレイできるでしょうけど
Lv上げや装備集めなどに時間がかからないので、そういった部分でのやりこみはできません
PvPの奥深さをじっくり楽しめれば長く遊べるゲームだとは思います
というより正直MMORPGが異常に時間がかかるだけってのが本音です
MMORPGと比べるとどのゲームも底が浅い(?)と言ってしまえるかも
GWはMMORPGじゃない!FPSや格闘ゲーム、カードゲームのような楽しみ方ができればいいね

Q:操作はどんな感じ?
A:スタンダードな操作
左クリックによる移動、右クリック&ホイールでの視点変更、数字キーでのスキル使用
今でこそスタンダードな操作だけど、この操作法はBlizzardが最初に考えたものだと思う
ターゲットをコールしたり、ターゲットをあわせたり、そういったショートカットキーも豊富
カスタマイズも可能、WASD移動も可能
戦闘にアクション性はほとんどないです(やろうと思えば弓を避けたりできるけど)
それよりもスキルのビルドやチーム編成が鍵

Q:過疎?過密?
A:ちょうどくらいかなぁ
このゲームは既に海外では100万本以上売れているので、海外に対戦者は豊富に居ます
日本人も、オープンβが好評だったのでそこそこ居ます
少なくとも対戦するのに困ることは無いです
ただ、今はRPGモードで奥のほうへ進むと人が居ないらしいです
これはその人たちが先行しすぎなのかな?
ちなみに海外の人と対戦することにはなりますが、別に英語なんてできなくてもいいです
あとクライアントは日本語なので大丈夫ですよ

Q:中華はいますか?
A:居るわけない
最近は中国人のRMT業者がどのゲームでも過剰に騒がれている気がしますが
騒ぎすぎなだけって気がします
まず、ゲーム内のRMTが流行らないとそういった業者は来ません
そういった意味ではGWはRMT流行りようがない、RMTしてまで買うものなんて無いから
RMTが流行るゲームの条件
・レベリングが極端にマゾい
・装備品のなどの所持品の価値、威力が 重要or全て
・プレイヤーがある程度豊富(ゲーム自体がメジャー)
これを全部満たしているゲームは私は三つぐらいしか知りません

Q:やってみたいんですが
A:新規アカウントは三日間無料プレイ可能です

Q:今何時ですか?
A:3:30です
とりあえず今日はここで終了です
ほかにもQがあればコメントしてもらえれば全レスするよ!

今MMORPGをプレイしている人も、FPSやRTSバリバリな人も、PCゲームなんてやったこと無い人も
ちょっとした時間にさくっとプレイして楽しめるGWはお勧めできますよ!

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/167-b3b00ef8
Listed below are links to weblogs that reference
GBR9 Guild Wars from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > どーどーぶろぐ > GBR9 Guild Wars

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。