Home > スポンサー広告 > 勝手にFPSの基本解説コーナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/272-460198ac
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > スポンサー広告 > 勝手にFPSの基本解説コーナー

Home > どーどーぶろぐ > 勝手にFPSの基本解説コーナー

勝手にFPSの基本解説コーナー

とうとうやりました!

みなさんおはようございます
なにが起こったか、簡単に言いましょう

機械の体を手に入れました

なんのこっちゃですね
具体的に何が起こったかと言いますと
昨日、私は知人の方数名とSoF2のDEMOでマルチプレーを楽しんでました
これがなかなか楽しかったのでついつい夜更かししちゃったんですよ

まぁここまではよくある話ですよね

さて、そんな私には秘密が隠されていました。それは・・・

前日寝ていない!

って事です。ぶっちゃけSoF2やってるときは夢中でやっていたので忘れていたのですが
朝方ふと気づきました。起きたのは確か午前三時だったな、と
そこから寝ずに丸一日、そして時刻は八時!

ほぼ30時間不眠という、だめっぷりを発揮してしまいました

それがなんだよ!機械の体関係ないじゃん!と思われた方!
ここからですよ^^

今このエントリーを書いているのが11時です
私が起床したのは10時

つまり・・・30時間起きていたのに睡眠時間二時間なんです!
しかも、八時に眠りについたのですが、目覚ましもセットせずに自然と10時に目が覚めました

ありえねー(;^ω^)

機械の体を手に入れました、ドードーです

---------------------------ここまで前置き-----------------------------

いつもの挨拶がやたら長くなりました
さて、今日は昨日一日ずっとやっていたといっても過言ではないSoF2のレヴュー

といきたいのですが、あいにくSSは撮ってないのです
そこで今日は、スポーツ系FPSの基本を解説してみたいと思います!

スポーツ系FPSの特徴は

  • 狙った場所にかなりの精度で弾が当たる
  • 走っても疲れない
  • 拾った武器を使える
  • ライフ回復や防弾チョッキなどが存在する

などが挙げられると思います
こういった特徴を踏まえて、基本的な動き方みたいなものを勝手に解説してみたいと思います

1.移動編

まず移動方法について
FPSではゲームの種類を問わずWASDとマウスを使って移動します
ここで需要になるキーがAとD、すなわちサイドステップです

これがうまく使えるようになると、脱初心者と言えます

L1


 

この図はよくあるL字型通路です
青は自分、赤は敵だと思ってください
黄色はキャラクターが向いている方向です

さて、ここでの移動ですが、もし普通に直進してから右を向いた場合

L2


 

このように、壁から出たところで相手に発見され先制攻撃を受けてしまいます
FPSにおいて、先制攻撃を受けること=負け だと考えましょう

さて、この場合どのように動けばいいかというとL3


 

このように、あらかじめ曲がる方向を向いておき、サイドステップを使って移動することが基本です

この場合、お互いに相手に気づくタイミングは最悪でも五分になります

この曲がり方は特別な技ではなく、基本ですのでしっかり見につけましょう
この曲がり方のほうが停止する時間が無く、スムーズに移動できることもわかるでしょう

また、L字型以外の通路、例えばT字型や十字型の場合
自分が曲がりたい方向が決まっていても、必ずサイドステップなどを駆使して
すべての通路に敵が居ないか確認しましょう

特に、いつの間には背後から撃たれるとう人は
周囲の確認が足りないことが多いです
まっすぐ進むだけの通路でもたまに後ろの確認もする
それぐらいの注意が必要です

サイドステップでの移動と通路の安全確認ができれば背後からの不意打ちは減ります
そこまでできるようになった方は、音にも注意してみてください
近くで銃声がなったら戦いが起こっている可能性が高いです
急行しましょう(うまくいくと漁夫の利ですよ

注意として、敵の姿が見えた場合は
その敵の生死を確認するか、完全に見失うまでは目をそらさず追いかけてください
こちらから敵を見れる時は、相手も同様にこちらが見えます
また、敵が遠かろうが近かろうが、視界に入るって事は
ひょっとすると相手に先に見つかっていて、接近してきているところを見ている場合もあります
とにかく、無視するとその相手はかならずあなたを襲ってきます

我が視界に入ったが最後、葬り去ってくれよう

これぐらいの気持ちが大切です

2.攻撃編

ここからは相手との交戦に状態になった場合に
自分が撃ち勝つための基本を解説します

まず頭に入れてほしいのは

止 ま る な

という事です、始めたばかりの頃は止まって銃撃しがちですが、絶対勝てませんよ

LR



まずは基本の左右ステップによる攻撃です
左右に移動しながら銃撃することにより、相手の弾をよけながら攻撃できます
相手が止まりながら撃つnoob(初心者)まらまず負けないでしょう

できれば移動しつつも常に敵に弾を集められるように頑張ってみてください

object


 

次に応用として、障害物を利用して相手の攻撃をさえぎりながら倒す図です
基本的にサイドステップが使えれば問題なく出来るでしょう
敵を見失わないようにだけ注意
コツとしては、相手が撃っている間は無理に顔をださず隠れていましょう
相手の銃撃がやんだ時!このときがチャンスです
相手は弾が切れてリロード(再装填)に入っている可能性が高いので、ここで一気に叩きましょう
うまくやればノーダーメージで倒せますよ

circle



こちらはさらにサイドステップの応用です
相手を中心とした円を描くことによって、うまくやれば相手の死角から撃つことができます
広い地形だと非常に有効です

あとは基本の技を組み合わせればさまざまな戦い方ができます
いかに相手の攻撃を避けつつ自分の弾をあてるか
これが戦いです

aim


 

さて、最後に発展知識

FPSでは体の部位ごとに与えるダメージが違います

頭部>>>>>>越えられない壁>>>>体>>>手足

となるのが普通だと思います

とくに頭部は、マシンガン系の武器でもショットガン系の武器でも
うまく当てれば一瞬で相手を倒すことができます

最初は黄色い円、慣れてきたり余裕がある場合(相手に気づかれずに背後に回り込んだり
こういったときは赤丸を狙ってみてください

武器の発展知識
武器にはそれぞれ得意不得意があります

マシンガン系:汎用性が高いが、相手との距離を取った方が有利に戦える
ショットガン系:接近戦での強さは抜群、反面距離があくと弾が当たりません
スナイパーライフル系:超長距離専用、スナイピングに熱い思いがある人専用
ナイフ系:接近用の武器はおまけだと考えましょう、ただし当たれば威力絶大なので、最後の手段に使う手もある
手榴弾系:いろいろ面白い使い方がありますが、主武器にはなりません。また爆発音などで敵に位置を知られるのでむやみに投げないこと
爆発物系:ロケットランチャーは遠距離で絶対、グレネードランチャーは中距離で絶対の強さを誇ります、反面これを多用する人は実力がないと思わたり、嫌われたりします

うまく使い分けましょうね

それでは快適なFPSライフを

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/272-460198ac
Listed below are links to weblogs that reference
勝手にFPSの基本解説コーナー from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > どーどーぶろぐ > 勝手にFPSの基本解説コーナー

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。