Home > スポンサー広告 > 2006年度私的GotY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/32-defe0ed3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > スポンサー広告 > 2006年度私的GotY

Home > どーどーぶろぐ > 2006年度私的GotY

2006年度私的GotY

あけましておめでとうございます

超今更ですが今回が今年初更新となります
さて、とりあえずは節目ということなので、節目らしいことを今日はやってやろう
と、いうことで

どーどーぶろぐ的2006年度GotY

をなんとなく今決定しようと思います

・GotYとは
Game of the Yearの略
一年間で一番面白かったゲーム

まずは昨年一年間で私が遊んだゲームをリストアップしつつ一行ずつコメントしてみましょう

MMORPG系
Fantasy Earth Zero
FPS+RTS+MMORPGの良いとこ取りを目指したが到達できなかったゲーム

Guild Wars
既存の操作方法を大きく昇華させた意欲作、PvPを中心にすえた点も新しい

Cabal Online
コンボシステムというものが売りの量産型

Neo Steam
世界観が蒸気という点が売りの量産型

Granado Espada
三人を操作できるという点が売りの量産型

マビノギ(C2)
延命的なアップデートで新鮮さが失われている

Dungeons & Dragons Online
奥の深いゲームシステムの良作、ただし若干複雑なことと、リピート性には欠ける点が難点

R.O.H.A.N.
ダンというPvP推奨種族がいる点が売りの量産型

RTS系
Rise of Legends
内政が簡略化されたタイプ、扱うユニット数大目

Company of Heroes
WW2物、緻密なグラフィックスと高いゲーム性。本当のGotYに選ばれてる。

Wahammer 40k Dawn of War (Winter Assault & Dark Crusade)
欧州で人気のRTSの拡張パック、スピーディーな戦闘と緻密なグラフィックが魅力。いずれも評価は高く、こちらもGotYに選ばれたことがある作品

Heroes of annihilated Empires
RPG的要素とRTS要素の融合を目指した作品、仕上がりとしてはバランスが大雑把

FPS系
Battle Field 2142
BFシリーズの最新作、BF2のフレームワークが流用されており、ほとんどBF2。増えたガジェットと改良されたシステムでより洗練された

F.E.A.R. Combat
大人気ホラーFPSのマルチプレイ部分だけを無料開放したもの、元々シングルプレイの面白さで人気を博したものだが、マルチプレイの出来も上等

Special Force
FPS入門者向けのFPS。特徴が無いのが特徴。CSライク

カジュアル系
クリスタルボーダー
スノーボードが題材、手軽に楽しめて爽快感も高い。
R2 BEAT
ローラースケート+音ゲーという作品、とっつきやすく長く遊ぶこともできる作品。

とりあえずリストアップするとこんな感じでした
遊んだといっても、ベータを少しやっただけ、DEMOで遊んだだけというものも含みます
ちゃんと遊ばずに評価なんてできるのかって意見もあると思いますが
さわりで引き込めないゲームはそこまでのものだと私は思います

さて、一通り出揃いました
ゲームのジャンルごとに分けてリストアップしたのですが
ジャンルごとにGotYを決められるほどの数は流石にそろっていないので
ジャンルの枠を無視して決めてしまおうと思います

2006年度GotYはずばり

Guild Wars

これだと思います
ゲームの面白さとしてはピカイチです
システムの新しさ、作りこみ、バランス、全てにおいて高レベルです
唯一の問題点であり、私にとって一番の悩みは、日本での知名度があまり高くないこと、日本のプレイヤーが少ないことです
この良作をやらずして何をやるのかとまで言える作品なのですが、β期間が短期間だったことと、無料期間が三日間と短いことが、作品の魅力を十分に伝えられなかった原因だと思います
世界的に展開しているので、日本のプレイヤーが多少少なくても成り立ってしまうのがかえって我々日本人にとっては困ったものです
とりあえずやったこと無い人はやった方がいいと思います
月千円で遊べるゲームでこれより面白いのは無いと思いますよ

 

さて、とりあえずこれでGotY決定なのですが
せっかく自由にできるブログなので、他の機関ではできないような事もあえてやってみたい
つまり批判をしてみたいと、思います
一番つまらなかったゲームを選ぶのは流石に酷というか、選ぶ本人としては面白くないゲームをわざわざ選ぶことさえ面倒なので
平均点以下、もしくは特筆事項があるゲームをもう少しコメントつけてやろうと思います

とりあえずCabal、NesSteam、ROHAN、この三つは平均点以下
最近多い「売りが一つだけある量産型」タイプです
~~が出来る!という宣伝文句で客を集めるのですが、実際やってみると本当に~~が出来るだけだったり、その~~すら別にたいしたこと無くて、どのへんが面白いのかさっぱり分からないような作品です
システムの作りこみも雑なものが多いです。

FEに関して
作りたかった物は面白そうなのですが、出来上がったものが遠く及んでいない
また、ゲームのアイディア自体があからさまにパクリであるのに、オリジナルよりも大きく劣化してしまっている
ゲームシステムの作りこみが雑すぎる上に、改善の兆しが無い
ということで、どちらかというと酷評したい作品です

操作がFPSライクなのにアクション性は低い、RTS的な要素を取り入れているにもかかわらず戦略性が生まれていない、MMORPG的な要素がフェアな勝負を妨げている、インターフェイスに改善の余地があるのに改善されない

この辺がちょっといただけません
さらに言うと、オリジナルのゲームが抱える問題はきっちりそのまま取り込んでいる点もいただけない
つまり、Planet SideやJunkMetalにおける、陣取り合戦をすること自体に意味が見出せなくなることや、戦力の偏りを正す事がユーザー側で困難であること
また、Savageにおいてもそうなのですが、チーム全体の勝敗に関して、個人の働きがあまり戦局に影響を与えられない
上手くなっても周りが下手だと意味が無いし、自分が何もしなくても勝利側となることが出来ること
こういった不満点が解消されない事などがあります
加えて、正月にメールマガジンに書いてあったのですが、上位職が実装されるとの事
これでもうやる気がなくなってしまいました、どう考えても面白い拡張だとは思えません

マビノギに関して
新大陸等の最近のアップデートがいかにも延命目的で、ゲーム自体の面白さは変わっていない、むしろ劣化しているのではないかとさえ思える
ある程度ペイできてしまったから、ゲームとして面白くすることよりも、より長く遊ばせたり、アイテムを買わせてやろうという意図が見えてきて好感が持てない

GEに関して
ただ三人操作できるだけのゲームに成り下がった上に、レベリングに重点が置かれてしまった
今更レベリングにやたら時間がかかるタイプのゲームは流行らないし、レベリングがゲームの主要素では貧しい
おまけが充実していてもあくまでおまけでしかない

BF2142に関して
確かにBF2よりよくなったと思うけど、どちらかというとBF2.5ぐらいの作品に感じられて、BF2の時のような衝動が生まれなかった
だから買おうと思っていたパッケージにも食指が伸びなかった

あ、そうだ忘れていた
逆GotYはやらないでおこうと思っていたけど、ふさわしいものが一つあった

PSU

多分これが2006年度の逆GotYでしょ
私はこれ結局買わなかったけど、やる前からこれだけ絶望したゲームも他にありませんし
記録に残しておくに値すると思うので逆GotY認定、おめでとう

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/32-defe0ed3
Listed below are links to weblogs that reference
2006年度私的GotY from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > どーどーぶろぐ > 2006年度私的GotY

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。