Home > スポンサー広告 > 連載企画 Civilization4 ドイツ帝国は世界を征服できるのか? 第三回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/8-55fa6333
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > スポンサー広告 > 連載企画 Civilization4 ドイツ帝国は世界を征服できるのか? 第三回

Home > どーどーぶろぐ > 連載企画 Civilization4 ドイツ帝国は世界を征服できるのか? 第三回

連載企画 Civilization4 ドイツ帝国は世界を征服できるのか? 第三回

お年玉で定期を買いました

実用万歳

・・・第三回はじめます



作戦通り軍用象の配備を開始したドイツ帝国
技術交換で優位に立ち順風満帆に見えたのだが、そこに立ちはだかるものとは!

という感じで、前回は建築学の取得と技術交換を行いました
それによりいよいよ戦争に向けユニットの量産に入ったのですが
ここで問題が発生します

蛮族の台頭


 

首都ベルリン付近に蛮族がやたらと出没しだしたのです!
蛮族とはどの文明にも属さないユニット郡で
視界が確保されていない場所から沸いてきます

SSではベルリン付近に蛮族の戦士が二匹沸いていますが
これらを撃退した後も続々と蛮族が北から攻めてきます
余裕で撃退は出来るんですが、こいつらがチョロチョロしていると戦闘力の無い労働者がろくに仕事ができないので少し厄介です

仕方無しに貴重な軍用象を一体北に派遣し、視界を確保しつつ撃退をすることに
我々はドイツ帝国なのにまるで昔の中国のようですね
万里の長城でも作りたいですよまったく(拡張パックBtSでは万里の長城作れるみたいです)

そんなこんなでなんとか蛮族は退けることに成功したのですが、ここで事件がおこります

イザベル乱心


 

なんとスペインのイザベルがドイツに対し突然の宣戦布告!
正直意味が分かりません
宣戦布告されるほどスペインをぞんざいには扱ってないはずだし
簡単に布告できるほど軍事力をおろそかにしたりしていないはずなのに(むしろ軍備をガンガン増強している)

まぁ、布告されたからには戦わないと仕方が無い
その時点でスペインは仮想敵国では無かったし、距離も離れているので防戦に回ることにします

しかしイザベルの差し向けた魔の手はもうすでに間近に!

戦士(笑)


 

戦士が二体(笑)
イザベルは何がしたいんだろう
これなら蛮族の方がよっぽど手ごたえあるぞ
とか思いつつ適当に撃退し、都市の防御を固める

ちなみに戦士は戦闘ユニットとしては最下級
ドラクエでいうとスライムレベルのユニットです

その後全く攻められる気配もなく
数ターン後に和平交渉をしてみるとあっさり成立

初めての戦争はあっけなく幕を閉じました

しかし、なぜイザベルは我々に宣戦を布告したのだろうか
イザベルとの会談から原因を考えてみる

イザベルと対談


 

( ゚Д゚)ハッ
-4:「未開人の宗教を崇めるとは、なんとも不愉快だな。」
-1:「お前は、我々への贈り物を拒否したのだぞ!」

これはイザベルの心象がどう動いていたのかが書かれたものなのですが
宗教で-4を食らっています
イザベルは大変な宗教狂いで、異教徒にはやたらと戦争を吹っかけてくるのです
今回の戦争はそれがらみだったのかな?

ちょうど布告されたときのSSがあるから確認してみましょう

会戦時スコア


 

こちら会戦時
右下のがスコア、見難いから拡大してみる

会戦時スコアアップ


 

どうみても同宗教です、しかもあなたが仏教の創始者です
本当にありがとうございました

指導者の右のアイコンが国教を表しているのですが
私(Madodohatter)の右のアイコンとイザベルのそれは全く同じですよね

対西班牙戦時のスコア


 

OK、戦争中に国教を変えたんだね

しかしそうだとすると
会戦時は同宗教だったので
-4:「未開人の宗教を崇めるとは、なんとも不愉快だな。」
はついてなかった事になります

つまり

-1:「お前は、我々への贈り物を拒否したのだぞ!」

戦争の原因はこれですかw
いい加減にしろとw
つーかなんでこんな仏教徒沢山居るのにわざわざイスラム教に変えるんだw

そんなに戦争がしたいのか!
このウォーモンガー(戦争狂)め!
目的の為なら手段は問わないというのだな!

 

よ ろ し い 、 な ら ば 戦 争 だ

 

 

 

 

もうちょっとしてからね(はぁと)

いやぁ、スペインは今スコア一位だし、ちょっと場所も遠いし、ね♪
楽しみは後にとっときましょう

さて、そうこうしてる間に我々の軍備もそれなりに整ってまいりました

最初の大隊


 

軍用象9、カタパルト4
なかなかのもんじゃないか!
少なくともイザベルが派遣してきた戦士2(笑)なんかと比べると余裕で強い

というわけで、我々には敵が必要になりました
さぁてどこを攻めようかな

領土が近くて、そんなに強くなくて、資源とかも豊富で、都市の立地も良いような
そんな敵国はないかなぁ

・・・そんな国があった

ローマ進軍予定図


 

それはローマである!

我々よりもスコアがちょっと低く
領地は隣
ドイツ領内に無い鉄を確保しており
しかも立地もそれなりに良い

ローマ!君に決めた!

早速仮想敵国ローマについて研究してみよう

スコア


 

総合スコアではドイツのちょっと下(ユリウス・カエサルがローマね)

エネルギースコア


 

エネルギー(軍事力)では下から二番目
鉄があるのにこんな位置にいるなんてびゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛

ちなみに我らがドイツは軍事力四位
しかし上位二文明には大きく離されている
これは我々が鉄資源を確保していないからかな?
少しだけ嫌な予感もするけど・・・

五大都市


 

ローマの首都ローマは世界五大都市に入っている
しかも世界遺産であるピラミッドとストーンヘンジまで作っているじゃないの
ヘンジはすでに暦を開発していて陳腐化されているが、ピラミッドはうまいなぁ

カエサル対外関係図


 

ユリウス・カエサルと他の指導者との関係図
簡単にまとめると、仲良しがいない、カルピス
これもまた好都合

ついでに宗教もマイナーなキリスト教で、同じキリスト教国はアメリカ(最下位)だけである

我々は仏教徒

( ゚Д゚)ハッ

これは異教徒との聖戦だ!

宗教とは常に戦争の火種なのだ
君はよき隣人であったが、君の宗教がいけないのだよ

手段のためならば目的はなんだって(゚∀゚)イイ!!

次回、ローマ侵攻、お楽しみに!

ちなみに現在のドイツの状況

ドイツ対外関係図


 

なぜかワイナ・カパックと仲が良い、同宗教だからか?
当然イザベルとの中は最悪だが、これはとばっちりだ
勝手に宗教変えて勝手に印象を悪くするバカ女なんてこっちから願い下げなのである

社会制度


 

現在の社会制度
官吏の研究が終わり、官僚制を採用した。
工業力と商業力共に+50%でうまい
世襲政治で大量の軍事ユニットが都市に駐留すれば市民の幸福度が簡単に維持できて楽だ
最初無理をした分地形改善などで遅れを取っている、農奴制で頑張る

勝利条件


 

まだまだ序盤とはいえ、あのスペインが優位だ、いつか滅ぼしてやる

という感じとなっております
ちなみにここから先は未プレイなので先は分かりません
またプレイしてSSを撮り溜めてから投稿という形でお送りします

それではまた

第四回へ

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://madodohatter.blog25.fc2.com/tb.php/8-55fa6333
Listed below are links to weblogs that reference
連載企画 Civilization4 ドイツ帝国は世界を征服できるのか? 第三回 from ドードーのネットゲーム放浪記

Home > どーどーぶろぐ > 連載企画 Civilization4 ドイツ帝国は世界を征服できるのか? 第三回

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。